マリナーズのイチロー選手(44)が、今季の試合には出場でせず、「特別アドバイザー」の契約を結んだ。

50歳まで現役でと掲げ、体のメンテナンスをしてきていたイチロー選手。

日本に戻ってきてまた活躍して欲しいと思うファンも多いはず!

今回は、イチロー選手が日本に戻ってくる可能性と、戻るならどこの球団で年俸はいくらなのか?についてまとめます。

スポンサーリンク

イチロー選手のプロフィール

背番号51、日本ではオリックスで活躍し大リーグに移籍した日本球界の大スターであるイチロー選手。

本名 鈴木 一朗〈すずき いちろう〉

生年月日 1973年10月22日生まれ
出身 愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手(外野手)

現在マイアミ・マーリンズ所属で夫人は元TBSアナウンサーの福島弓子さんです。

イチロー選手といえば、毎朝カレーを食べると言うルーティーンをお持ちで、ストイックでクールな印象があります。

日本に戻る可能性は?

今回の契約をもってイチロー選手は今季の残りの試合に出場することはありません。

昨年12月に、インタビューでイチロー選手は「ペットショップに売れ残った大きな犬みたいに感じている。もちろん来年も野球をしたい」表現し、

日本に戻ってプレーする可能性について聞かれて、「可能性と言う言葉を使うなら、ゼロで出ない限り、どんなものにも可能性はある」と答えています。

マリナーズは来年3月20、21日に東京ドームで7年ぶりの大リーグ公式戦日本開催を行います。

イチローが「復帰」すれば、大きな話題となりますが、事実上引退ともなり、日本に戻ってくる可能性が話題となります。

50歳までは現役で、と話していたイチロー選手。…とすればあと5年以上も日本に戻り現役選手をできる期間が残されていることになりますね。

日本に戻るならどこの球団で年俸はいくら?

イチロー選手が日本に戻るとすると、2000年以来18年ぶりとなるわけですが、どの球団に入るのか予測してみようと思います。

イチロー選手が戻る球団として、まず条件に当てはまる球団ポイントは以下の3つ!!

1.外野手の層が薄い
2.機動力不足
3.経験豊富なベテランが不在

上記の3つのポイントを考慮すると、ある程度球団は絞られてくるわけですが、過去に所属していたオリックスに戻るって欲しいと言うファンも多いですよね。

日本球界でも、イチロー選手の能力を必要としていますし、イチロー選手を獲得することでにファンが押し寄せ、球団経営にも大きなメリットがあると考えるはずです。

年俸はいくらになるのか?

イチロー選手が日本に戻り復帰したとしたら年俸はいくらになるのでしょうか?

2000年オリックス時代の年俸 5億3,000万円
2017年マリナーズでの年俸 約2億4,000万円($2,000,000)

2008~2012年では年俸18億円だったのを考慮すると、オリックス引退の年の年俸より高くなるのではないかと推測されます。
8~10億円といったところでしょうか?

すごい金額ですが、それだけ経済効果が高い選手ということがわかりますね。

背番号はどうなるの?

ドラフト4位でプロ野球に入団したイチロー選手。

ヤンキース時代に背番号「31」をつけたことがありましたが、マリナーズでまた背番号「51」を獲得!

手放そうとはしませんでした。

背番号51の由来

当時、1桁が与えられることは考えづらい。

本名の鈴木一朗にちなみ、空き番号の中で末尾が1の「51」を選択したのがきっかけでした。

言ってみれば「51」空き番号だったのですね。

とりあえず、「イチ」が入っているから、イチローも当時は深くは考えなかったのかもしれません。

2017年現役選手の背番号「51」

2017年に日本で各球団の背番号「51」をつけているのは下記の選手です。

日本ハム:石川直也選手(投手)
ソフトバンク:上林誠知選手(外野手)
ロッテ:信樂晃史選手(投手)
西武:木村文紀選手(外野手)
楽天:フェルナンド選手(外野手)
オリックス:不在
広島:鈴木誠也選手(外野手)
巨人:堂上剛裕選手(外野手)
DeNA:宮﨑敏郎選手(内野手)
阪神:伊藤隼太選手(外野手)
ヤクルト:藤井亮太選手(捕手)
中日:京田陽太選手(内野手)

背番号「51」がかぶったら?

イチロー選手が、日本に戻って背番号がかぶってしまったら、どうするのでしょうか?

一般的には年齢の高い選手の番号が優先されると言われています。

ですのでイチロー選手が日本に戻っても背番号「51」はつけると考えられます。

もしくは、ドラフト入団時つけられなかった一桁の「1」をつけても粋な気がしますがどうでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、イチロー選手が日本に戻ってくる可能性と、戻るならどこの球団で年俸はいくらなのか?について考えてみました。

日本でまた活躍していただきたいものです!

スポンサーリンク