プロ野球のドラフト会議が本日おこなわれましたね。

TBSで放送された、ドラフト緊急生特番「お母さんありがとう」で再現ドラマのトップバッターだったのが、東洋大学野球部の中川圭太さん。

4歳のときに、離婚をした事実を13年間を圭太さんに隠し続けていたお母さん。

番組がはじまるまで、まだドラフトで指名されていなかった中川さんですが、再現ドラマがはじまってすぐに「オリックスバッファローズ」に指名されました。

今回は、ドラフト緊急生特番「お母さんありがとう」で再現された、中川圭太さんとお母さんがプロ野球選手を目指しあゆんだストーリーをレビューしたいと思います。

ジャイアンツの大城 卓三(おおしろ たくみ)さんに似ているとの声もあったので、画像も比べてみたいと思います!

スポンサーリンク

中川圭太プロフィール

中川選手は打撃と安定した守備が評価されて、2018年のドラフトでも注目されていた選手です。

中川 圭太(なかがわ けいた)
生年月日:1996年4月12日生まれ(22歳)
出身:大阪府(尾崎小学校→尾崎中学校→泉佐野シニア→PL学園→東洋大学
身長:180cm

中川圭太さんは巨人の大城卓三選手に似てる?

中川圭太さんが、ジャイアンツの大城 卓三(おおしろ たくみ)さんに似ていると言われていたので画像を比べてみました!

確かに、輪郭などよく似ていますね!

お母さんありがとうでのエピソードとは?

中川圭太さんとお母さんの、プロ野球選手になるまでの道のりのドラマはとても感動的でした!

実は離婚!13年間嘘をついていた!

中川選手のお母さんは、中川圭太さんが4歳のときに離婚をしていたそうです。

まだ4歳だった圭太さんに、いつもお父さんがいないことに対して、

「仕事で忙しい」

ととっさについた嘘をなんと13年も突き通していたそうです。

その間、離婚していた中川さんのお父さんは、一緒に食事に行ったり、野球の試合に見に来てくれていたそうで、圭太さんは打ち明けられるまで、気づかなかったそうです。

電話で、離婚の事実を告げられた中川さんは、お母さんが優しさから嘘をついていたことに対して、

「ありがとう、お母さんは嘘つきなんかじゃない。だってずっと優しかったから。

苦労かけてくれてゴメンね。優しい嘘ついてくれてありがとう。

おれ、絶対プロになる。プロになって恩返しするから待ってて!」

と感謝の言葉を伝えたそうです。

プロ野球選手になるために母が買ったグローブは?

中川選手が軟式野球から、中学になり硬式野球にステップアップするときに、圭太さんは、グローブが欲しいと、おねだりしたそうです。

一番欲しいグローブは、高かったので、1万円のグローブを選んだところ、

プロ野球選手になるんだからと、13歳の誕生日に、最初に選んだ6万円のグローブをお母さんが買ってくれたそうです。

中川選手グローブ

今でも大事に持っていて、手入れをすれば、まだまだ使えるとおっしゃっていました!

オリックスに7位指名!プロ野球選手に!

再現ドラマが放映されてから、間もなく「オリックス・バファローズ」に指名された中川圭太選手。

東洋大学の仲間と共に結果を待っていた中川選手とお母さんは、真っ先に抱き合って喜びを分かち合っていました。

オリックス指名の瞬間

とっても感動的な場面でした!!

本当におめでとうございます!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、オリックスに7位指名された中川圭太さんにスポットを当ててご紹介しました!

お母さんは、途中心臓の調子が悪く落ち込んで、隠していた離婚のことを中川圭太さんに打ち明けたそうです。

中川さんも高校2年生のときにチームメイトが起こした不祥事で半年間、対外試合が出来ない辛さを味わっていらっしゃるということです。

たくさんの辛いことを、お母さんと乗り越えてきた中川選手。

野球の道からそれてしまってもおかしくない状況ですが、まっすぐ野球に向き合い夢を叶えた中川選手は、心から応援したくなる選手ですね!

これからのご活躍をお祈りしています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク