平成最後の夏。

甲子園も第100回記念大会ということで注目が集まっていますね!

春のセンバツでは大阪桐蔭が優勝していますので、春夏連覇も注目されていますが、

昨年夏の甲子園で埼玉県で、はじめて優勝を手にした花咲徳栄高校の夏連覇達成になるかも大注目ですね!

花咲徳栄には、昨年の2年生で4番打者をつとめていた野村佑希選手。

3年生になり今年は、背番号1を背負ったエースとして地区大会優勝を果たし、野手だけではなく投手としても活躍しています。

すでにプロ野球のドラフトも注目しているそうです。

今回は、2018年の夏の甲子園で、花咲徳栄高校の夏の2連覇なるのかと、プロ(ドラフト)で注目の野村佑希選手の出身シニアチームはどこなのか?まとめていきます。

スポンサーリンク

花咲徳栄・夏連覇なるか?

昨年夏の甲子園で埼玉に優勝旗を持ち帰った花咲徳栄高校!

今年も夏の甲子園出場ですね。

過去の夏の甲子園、連覇記録

100回の大会中に、夏の2連覇を達成した高校はどのくらいあるかというと、

今まで6校が夏連覇を成し遂げているそうです!

・和歌山中(和歌山)第7・8回
・広島商(広島)第15・16回
・中京商(愛知)第17・18.19回(三連覇)
・海草中(和歌山)第25・26回
・小倉中(福岡)第29・30回
・駒大苫小牧(南北海道)第86・87回

今年、花咲徳栄高校が夏の連覇を達成したら、史上7校目となるのですね!

野村佑希選手のプロフィール

昨年も花咲徳栄で2年生で、甲子園で出場していた野村佑希選手。

画像引用:https://www.hb-nippon.com/interview/1797

野村佑希選手は、ご両親は日本人ですが、生まれたのがアメリカだったため、ミドルネーム「ジェームス」をもっていて、2重国籍をもっています。

20歳までに国籍を選ぶ形になりますね。

野村 ジェームス 佑希(Yuki Nomura)
生年月日:2000年6月26日
アメリカミシガン州出身。
身長:185cm
体重:91kg。
右投右打。

野村佑希選手は、ミレミアム(2000年)生まれの選手の中でも、プロ野球のドラフトでも大注目の選手と噂されています。

野村佑希選手は頭がいい!

ミドルネームと2重国籍からすると、「英語がペラペラなの?」と思われるかもしれない野村選手ですが、

小さい頃に日本に戻り住んでいるので、英語がペラペラではないそうです(笑)

入学当時は、花咲徳栄高校には特進科(偏差値60超え)のクラスにいた野村選手。

野球に専念するために、特進科ではなくなったそうですが、かなり頭がいいことがわかりますね。

そして一番得意な教科は、「国語」だそうです!

英語はあまり得意でないそうですが、名前から英語が話せると思われることもあるそうです。

出身シニアチームはどこ?

野村選手は、

伊勢崎市立境西剛志小学校から境西中学校へ進学しました。

小学3年生のときに剛志ジュニアーズ(軟式)で野球を始め、中学時代は太田市リトルシニアに所属していました。

岩井監督にスカウトされ、「花咲徳栄高校」への進学を決めます。

侍ジャパンU-18代表第1次候補には内野手として選出されています。

プロ野球のドラフトでも注目されている!

体も大きく恵まれていて、プロ野球のドラフトでもすでに注目選手にあがっている野村選手。

清宮選手に続くのではないかとも言われているそうです。

今回の甲子園でもその活躍が楽しみですね!

花咲徳栄は昨年の主力だった西川選手(西武)、清水投手(中日)とプロ入りしていますので、野村選手もあとに続いて欲しいですね!

勝ち上がれば、プレイに触れる機会も増えますので、是非是非花咲徳栄高校が夏の連覇を成し遂げるよう応援したいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、夏の2連覇も注目されている花咲徳栄高校と、エース佑希選手選手にスポットをあててご紹介しました!

夏の甲子園の観戦(テレビになりますが)が楽しみにしています!

スポンサーリンク