W杯のグループリーグがいよいよはじまりましたね!

日本対コロンビア!前半開始6分にペナルティキックで香川選手が先制して、相手が10人という不利な状況でありながら追いつかれる場面もありましたが、勝ち越し勝利しました!

おめでとうございます!!

ここで勝ち点を3点取れたことで、日本のワールドカップ熱は更に上がりそうですね!

勝利をしたあとの選手や監督のインタービューを見ていて西野朗監督の首のあたりの手術の傷跡が気になったので調べてみました。

喉のあたりに真横に5センチ位の傷がありましたよね?

今回は西野朗監督の首(喉)の傷跡は手術跡なのか?調べてみました。

スポンサーリンク

日本代表の西野朗監督プロフィール

2018年4月、ワールドカップ目前で、バヒド・ハリルホジッチ監督が解任されて、日本人にして3人目の監督に任命された西野監督。

西野朗監督のプロフィールをみてみましょう。

名前:西野朗(にしのあきら)

生年月日:1955年4月7日

出身地:埼玉県浦和市

出身高校:浦和西高等学校・早稲田大学

身長:182cm

体重:72kg

西野監督は、浦和西高等学校でサッカー選手として活躍し、早稲田大学教育学部でもサッカー部に所属。

日立製作所(実業団)で活躍、1990年に引退されました。

引退後はアンダー世代、U-20、U-21等のの監督経験があり、2016年からは日本サッカー協会(JFA)の理事に就任し、技術委員長をされていました。

西野朗監督の実績

西野監督が一躍有名になったのは、U-23の監督のときにブラジルに勝利したとき(マイアミの奇跡)ですね。

当時、U-23には中田英寿選手、前園真聖選手、川口能活選手が活躍していました~!

1994年に、アトランタオリンピック本大会出場を目指すU-23日本代表監督に就任。28年ぶりとなる本大会出場、本大会でのブラジル戦での勝利(マイアミの奇跡)で名を挙げる。(引用:wikipedia)

その後、Jリーグが設立し、柏レイソル、ガンバ大阪、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスの監督をされていました。

西野監督の現在と若い頃の写真の比較

西野監督の現在と若い頃の写真を比べてみたいと思います。

西野朗監督現在の画像

画像引用:https://www.footballchannel.jp/2018/05/31/post272146/

西野朗監督の若い頃の画像

画像引用:https://www.legendsstadium.com/news/japan/64936/

若い頃のほうが、恐らく体も締まっていらっしゃるのですが、現在のお写真、やはり喉仏のあたりに真横のスジがあるように感じます。

年齢によるシワとは少し違うような・・・。

並べてみた画像がこちら

いかがでしょうか?

インタビューのときの画像がこちら

少し下から見上げるようなカメラアングルなので、インタビューのときの画像の方が手術跡のようなものがみられます。

若い頃の写真に比べるとのどぼとけのあたりの出っ張りがないように思います。

首(喉)を手術する場合

一般的に首や喉仏のあたりを手術には以下のようなものがあります。

喉の手術の例

・甲状腺摘出手術
・腫瘍摘出手術
・甲状軟骨形成術

首に傷跡がのこる手術には、バセドウ病などで甲状腺を摘出する、腫瘍を摘出する、喉仏を形成するなどがあるようです。

西野朗監督に関して、上記の病歴などの情報はありませんでした。

日常生活で支障のないものと考えて良さそうですね。

関連記事

西野監督続投と任期延長の可能性ありか!人選と采配と手腕の実力の秘密は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は勝利インタビューで西野監督の首の手術のような跡が気になって調べてみました。

W杯の初戦勝利で、盛り上がった西野ジャパン。

ロシアに経つときは辛口コメントが多かったのですが、ベテラン勢でベスト8目指して頑張って欲しいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク