欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリードとリヴァプールが対戦した際のフジテレビの副音声の解説に、モデルのJOYとともに歌手で女優、小柳ルミ子さん(65)がゲストで登場しました。

試合の結果は、レアル・マドリードが3年連続13度目の欧州チャンピオンに輝きました~!

おめでとうございます!!

この試合の副音声を聞いていたサッカーファンの間から多数の小柳ルミ子さんに関する話題が出ていたので、今回はご紹介したいと思います。

カンタンに言いますと、「小柳ルミ子の副音声で解説が酷い。不快、やめて」の批判の声がたくさん上がっていたのです。

小柳ルミ子さんがサッカー解説者!?に抜擢された経緯と、今後の小柳ルミ子さんの解説の評判と今後はどうなるのか?についてまとめてみます。

スポンサーリンク

小柳ルミ子さんについて。

本名  小柳 留美子

画像:http://www.crownrecord.co.jp/artist/koyanagi/profile.htmlより

生誕  1952年7月2日(65歳)
出身地   福岡県福岡市早良区
学歴    宝塚音楽学校
ジャンル  歌手・女優
活動期間  1970年~
引用:wikipedia

現在でもスレンダーでスタイルのいい小柳ルミ子さん、歌手になる前は宝塚に2ヶ月在団していたそうです。

歌手になりたければ、宝塚を主席で卒業しなさいと、事務所(渡辺プロダクション)に言われたのを実際に実現して、舞台を経験したあとに歌手になったそうです!

1970年、NHKの連続朝ドラで女優デビュー。

1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」で同年の第3回日本歌謡大賞を受賞。

1970年代前半を代表するアイドルでした。

プライベートでは13歳年下の大澄賢也さんと交際から10日で電撃結婚して、オシドリ夫婦として有名でしたね。

おふたりは1989年に離婚しています。

現在小柳さんは、大河ドラマ「西郷どん」に由羅役でご主演中されています。

小柳ルミ子さんのサッカー好き

サッカーを好きになったきっかけと時期は?

小柳ルミ子さんは2010年からアメブロをこまめに更新されています。

サッカーを見るようになったのは、2002年の日韓ワールドカップからだそうです。

この試合はベッカム・フィーバーが起きた試合ですね。

ベッカムのファンになったことで小柳さんも一気にサッカーに引き込まれたのでしょうね。

もともと、物事に興味を抱くと一気にのめり込む性格なので、サッカーも同様に大好きになったのでしょうね。

ブログには、サッカーに関する記事が多数投稿されていいます。

サッカー解説をはじめたのはいつ?

小柳ルコさんが副音声で、サッカー解説を初めて担当したのは、2017年7月15日に放送された「Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和VSドルトムント」戦でした。

「サッカーはただクソ真面目にやってもだめ。ずる賢くないと。サッカーは人生の縮図、社会の縮図、人間関係の縮図なの」と持論を述べていたそうです。

エキサイトニュースより参照:https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170831/Myjitsu_030065.html

年間に観戦する試合数

小柳さんのサッカー年間観戦数は驚きの2000試合という。ものすごい数ですよね。

1年365日しかないのに、どうやって2000試合も見ているかというと・・・

1試合約2時間を1日平均5試合、休みの日は10試合、年間トータル2000試合以上

寝る時間も惜しんで観戦

しているとのこと。

これはすごいですね。

このサッカー愛から、(副音声ではありますが)解説者に抜擢されたのですね。

好きなだけで、カンタンに解説者にはなれないですから、単純にすごいと思います。

小柳さんのサーカーノート

小柳さんは12年間A4版100冊以上の「自作観戦ノート」をつけているそうです。

実際のこちら。

ノートには試合の内容や感想だけではなく、選手や解説者が言ったさまざまな格言までもが書き込まれており、もはやメモレベルではないそうですよ。

小柳さん独自の「いの法則」

小柳さんが独自に考えた「いの法則」というのがあるそうです。

(どこかで「○の法則」て先日騒ぎになりました・・・)

芸能界や他の仕事にも使える「今よりも成長するためのキーワード」なんだそうです。

語尾がすべて「い」の音になっているんですね。

なるほど、この言葉たちを使ってあげれば、サーカーを語る際に選手を表現できますし、普段の私達の生活のキーワードになりそうです!

小柳ルミ子さんのCL決勝を副音声で解説の評判は?

今回の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝の副音声の解説の評判は、というと、小柳さんの解説を聞いて率直に不快に思った人も多かったそうです。

解説では、観戦していてヒートアップした小柳さんのコメントに辛口な批評もあったようで、

選手に対するリスペクトがない。偏見がある。など批判の声があがりました。

一方で、

小柳ルミ子の副音声は楽しめたよ!

最近勉強したようなアナより信頼できる。

小柳ルミ子さんの今後のサッカー解説は?

今回の試合で、小柳さんのサッカー解説は賛否両論ありました。

どちらかと言うと、批判の声の方が多かったですね。

twitter上で、小柳さんの解説について語られている声を少しまとめます。

解説批判の声

・(小柳さんが)嫌いだからって人間性まで否定する人をキャスティングして欲しくない。
・家でテレビ見ているようなテンションや話し方は解説に不向き。
・選手に対してのリスペクトがない。
・解説は控えてほしい・・・

「副音声消せばいいじゃん」との声も。

ただ、詳しい人の視点での解説って面白し、試合観戦において勉強になるので副音声は聞きたいですよね。

今後小柳さんの解説のお仕事、オファーはあるのでしょうか?

私の個人の意見を言えば、条件付きでまた解説して欲しいです。

今回、評判が悪かったのは、選手を気遣う言葉がなく、感情のままに言葉を発してしまったからだと思います。

小柳さんのサッカー愛は、女性として一つのことに没頭して極めているわけなので尊敬に値しますし、女性と憧れる部分でもあります。

なので、今後も今回のような副音声での登場があるならば、選手を気遣った言葉の選び方をしていただきたいこと、そして「テレビの向こうで夜中でもサッカーが大好きで観戦しているファンがる」ということを意識して欲しいと思います。

批判した人の中には、「サッカー知らないのに何言っているんだよ」的な気持ちも多かったと思います。

ただ、小柳さんの観戦に対する姿勢をみると、今後も視聴者の気持ちを考えて頂いた副音声をしていただければと思います。

あなたはどう思いますか?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、小柳ルミ子さんのサッカーの副音声による解説についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク