ものまねグランプリ2018が放送されましたね!

1回戦でチョコレートプラネットと対戦した、青木隆治さん。

初回の対戦から、ガチで対戦ということで「美空ひばり」さんと「マイケル・ジャクソン」のものまねを披露した青木さん。

視聴者の評価はどうだったのでしょうか?

今回は、青木隆治さんのモノマネを似てないということがあったので、実際のところを調べてみました!

スポンサーリンク

青木隆治ものまねのレパートリーは?

ものまねタレント、ツートン青木さんを父にもつ青木隆治さん。

モノマネはもちろん、歌手活動もされている青木さんですが、細身でイケメンで人気が高いですね!

私服もおしゃれでスタイリッシュです!

そんな、青木隆治さんのモノマネのレパートリーは、

ものまねのレパートリーはなんと100を超えるそうです!

今回のものまねグランプリ2018で、青木隆治さんは、

・美空ひばり
・マイケル・ジャクソン
・ISSA
・ミスチル櫻井さん
・松山千春
・瀬川瑛子
・山崎まさよし

を披露していましたね!

青木隆治のマイケルが似てないの声

青木隆治さんのマイケル・ジャクソンのものまねですが、Twitterのタイムラインで、なんと似てない!の声が!

私もテレビをリアルタイムで見ていて、ダンスもかっこいいと思っていたのですが、

言われてみれば、雰囲気で持っていってしまっている感じなのでしょうか?

鉄板「美空ひばり」も飽きられた?

青木隆治さんのものまねのきっかけにもなった、美空ひばりさんでさえ酷評が出ていたのにびっくりしましたが、

実際のところ、同じような意見は少しだけありました

美空ひばりさんは昭和の歌姫で、語り継がれていって欲しいと思いますが、

若人からすると美空ひばりさん自体を知らない若い世代の方からすると

他の人もモノマネをやってほしいと言う感じなのかもしれないですね。

また、青木さんのかっこよさ故に、やっかみみたいな感情もありそうな意見もあるのかと(笑)

青木隆治さんのものまねはやっぱりすごい!

ただ、今回の2回戦目と決勝戦の青木隆治さんのものまねはやっぱりすごかったです!

2回戦目は、歌とものまねす人をルーレットで決めるというもの!

そして決勝では、喉仏がありえないくらい動いて、短時間にすごい数のモノマネをこなすというもの。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、青木隆治さんのものまねが似てないとの声があったので、実際のところどうなのかを調べてみました。

ものすごい数のレパートリーをもつ青木隆治さんは、一部の人に似てないと言われることもあるようですが、やっぱりすごいですね!

2回戦目の、歌とものまねが、ルーレットで決定するという荒業で、決勝まで進まれた青木隆治さんの実力派は本物なのではないでしょうか?

今回のものまねグランプリの対戦のカードは、どちら勝ってもおかしくないカードばかりでしたね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク