中学聖日記の7話がたった今終わりました~。

岡田健史さんが、かっこよすぎてもう目が離せいないですね!

やっと黒岩くん(岡田健史)と聖ちゃん(有村架純)が、再会できたと思ったのに、もう展開がわからなすぎてハラハラ・ドキドキなドラマですね。

今夏は、「中学聖日記」の7話の最後の吊橋の場面で、黒岩晶の母親(夏川結衣)さんが登場した場面が、かなりスリリングだったので、あらすじと感想をまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

「中学聖日記」第7話あらすじ

第5話から第6話にかけて、ストーリーは一気に3年経過した「中学聖日記」

聖は野上先生といい関係になり、祥太朗も原口さんと東京で再会、黒岩くんもるなちゃんとお付き合いをはじめて、それぞれの道を歩み始めたのかと思いきや、再会・誤解などがドロドロ入り混じり、心臓がバクバクする展開になっていますね。

第7話あらすじ

聖は、すべてを知った上で、すべてを受け止めてくれる野上先生に、自分の居場所を感じはじめています。

ある日、聖のクラスメートの橘さんが、母親のネグレクトで栄養失調で倒れてしまします。
男と別れて荒れている橘彩乃の母親の怒りの矛先は、聖に向けられるようになり、聖を揺するような振る舞いも。。

るなと付き合い始めた、黒岩くんは、聖が教師を続け、独身でいることを知ることになります。
一方、黒岩くんの母親(愛子)も執拗に聖と晶の関係を気にする行動を取り始めます。

あるとき、彩乃ちゃんが夕方行方不明になって、やっと見つかったところに黒岩くんがいて、晶と再会を果たします。

黒岩くんは、聖に素直な気持ちを伝えましすが、聖は理性で気持ちを抑え、翌朝野上先生と交際をすると伝えました。

そこに表れた黒岩母演じる夏川結衣さんの迫真の演技が、「黒岩母が怖すぎる」「ラスボス感半端ない」などと言われているんですね!

黒岩くんのお母さん役は、夏川結衣さん

黒岩くんの母親役の愛子を演じるは、夏川結衣さん。

ドラマがはじまる前に、少しお太りになった方と思ったのですが、ドラマのためだったのかもしれませんね。

【夏川結衣が老けて太った?】別人に変わったのか若い頃の画像と比較!

ラストシーンはこんな感じ

聖は前日に、黒岩くんに貸してあった自転車の書き置き「先生に会いたいです。」というメモをみたあと、吊橋で、登校前の野上先生を待っています。

バス停にはちょうどバスが到着するところですね。

聖はこのあと、「私で良ければ、これから、少しずつ、よろしくお願いします。」
と交際を申し込みます。

黒岩母の登場が怖すぎる!ラスボス感!?

ちょうどその時、鮮やかなブルーのパンツにヒールを履いた女性が、バスから降りてきます。

一瞬、吉田羊さん演じる原口律かな?と思ったのですが、

黒岩くんのお母さんでしたね。

聖同様、視聴者も凍りつくくらいの迫力感!

息を飲むという表現がぴったりなくらい、私もドキドキしてしまいました。

何故表れた?何しに来たの?

ちょうど前日、黒岩くんと聖が再会をしたばかりだったので、何故このタイミングで、黒岩くんのお母さんがこの場に表れたのかは、分かっていません。(8話でわかると思いますが、タイミングが良すぎるというか、悪すぎると言うか・・・)

悲しげな、でも怒りもある表情をされていますよね。

夏川結衣さん、演技力に迫力がたっぷりで、ドラマの世界に引き込まれます。

予告動画では、黒岩母が、

「先生は何も失っていないんですね」

と話していました。・・・ちょっと怖いです(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は、黒岩母の登場が、怖すぎると言われいていたので、

中学聖日記の第7話のあらすじと感想をまとめてみました。

まだ黒岩くんに心が残っているのに、なんで、野上先生と付き合っちゃうんだ!

とか

もうほっといて上げて!という聖ちゃん推しな意見が多かったのは、有村架純さんの可愛さあってですよね・

第8話の展開も楽しみにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク