今日の行列ができる法律相談所で、欅坂46の平手友梨奈さんが出演されましたね。

平手友梨奈さんは、映画「響-HIBIKI-」が公開されてテレビの露出が多くなっていて嬉しいファンも多いですよね。

東野幸治さんも平手さんを「会いたい人」としているようで、平手さんとのカラミも注目されていましたが、東野さんとのハイタッチは実現できませんでした(笑)

クールな印象で、ダンスもカッコいい平手さんですが、元気がないと言われることもあるようですが、圧倒的な存在感とカリスマ性があるのをつくづく感じます。

中森明菜さんの雰囲気に似ている声も出ていました。

今回は、平手友梨奈さんが、天才カリスマと言われる理由を私なりに考えてみたいと思います!

スポンサーリンク

平手友梨奈さんプロフィール

平手友梨奈さんは、「サイレントマジョリティ」でセンターをしている欅坂46のメンバーですね。

平手 友梨奈(ひらて ゆりな)(愛称:てち)
生年月日 2001年6月25日
出身 愛知県
血液型 O型
身長 163cm

黒髪のショートカットが印象的な平手さん。

とても仲の良いお兄さんがいて、そのお兄さんのすすめで欅坂46のオーディションを受けたそうですよ。

平手友梨奈は声が小さい?

行列で、磯野貴理子さんにも「声小さい~」って言われてましたけど、

平手友梨奈さんは、元気がないとか声が小さいと言われることがあるようですね。

最近のテレビの出演を見ていても、少し下を向くような場面も多いのと、視線の送り方がゆっくりで、まっすぐ前を見ないところが「元気がない」「声が小さい」と言われてしまうのかもしれませんね。

天才カリスマと言われる理由

今回の行列には、映画監督の月川翔さんもご一緒に出演されいました。

東京芸術大学の大学院の頃ビートたけしさんから映画を学んだ月川さんは、まだ36歳の監督さんですね。

月川さんは、映画の撮影の主導権が平手さんにあったようなお話もされていましたが、

初めて平手さんと撮影の現場では、

平手さんが脚本について、「つまらない」と意見を言ったそうです!

ビートたけしさんに制約がある中で映画を作るから面白い作品が作れるんだと教わった、月川監督は若干17歳の平手さんが脚本について意見を述べてきたことに驚いたと思いますが、その意見を脚本家に伝え映画が出来上がったそうです!

欅坂46でプロデュースしている秋元康さんも楽曲やダンスについて平手さんに相談することもあるそうです。

人の心を動かすダンスパフォーマンスや、平手さんの独自の世界観がしっかりしていることが、天才カリスマと言われる理由なのでしょうね!

17歳と言えば、いい意味でも悪い意味でも流されることってあると思うのですが、平手さんは流されずにいるところが魅力的ですよね!

ちなみに、役者やダンスをするときの「スイッチ」について番組中に質問されていましたが、「スイッチはない!」と断言されていましたね。

中森明菜さんに似てるの声!

平手友梨奈さんの持っている雰囲気が、中森明菜さんに似ているという声がありました。

「あ~!なるほど!!」と私は、確かに納得!

明菜ちゃんの、うつむいてボソボソっと話す感じ、平手さんに似ています!

画像引用:ファンタジー<幻想曲>ジャケット

中森明菜さんを知ってるのは、アラフォー世代ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、平手友梨奈さんが天才カリスマと言われる理由を考えてみました。

中森明菜さんは最近テレビにあまり出ていないので、おふたりの共演とが実現したら夢みたいですね。

映画HIBIKI~響~の原作マンガも読み終えているので、劇場に見に行ってみたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク