画像編集ソフトのイラストレーターを使ってチラシなどの原稿をさくせいしたものを

インターネット上のデータのやり取りで簡単に印刷できるようになりました!

今回は、イラストレーターで作成したデータを印刷会社に送付するなどの際に

文字が思い通りのものに仕上がるようにアウトラインを簡単にする方法をご紹介していきます!

スポンサーリンク

文字(テキスト)をアウトライン化すべき理由とは?

印刷用のイラレのデータで、文字(フォント)がアウトライン化は必ずしておいたほうがいいとされています。

アウトライン化する方法の画像その理由は、アウトライン化されていないと、先方のパソコンにあるフォントに置き換えられてイメージと違う仕上がりになってしまいます。

せっかくこだわって作ったデータが、文字の形が変わってしまってイメージが違ってしまった・・・と言うトラブルにならないためにも、

入稿用のデータは、テキストをアウトライン化しておきましょう!

テキストをアウトライン化する方法とは?

データ上にあるテキストを選択した状態で、アウトライン化をすれば、フォントは、アウトライン化されて、図形と同じように扱われれるのですが、文字のデータがたくさんあったり、複雑なデータの場合(レイヤーが入れ子になっていたりする場合)どこのフォントのデータがあるのか見つけるだけでも実際のところ一苦労になってしまいます。

ひとつずつ文字レイヤーを探して、アウトライン化していたのが嘘のように簡単に出来る方法がありました。

・・・今更って感じですが。

Adobe Illustrator CCバージョンでのやり方です。

メニューの「選択」ー「オブジェクト」ー「テキストオブジェクト」で全てのテキスト(文字)を選択します。

そのあとは、「書式」ー「アウトラインの作成」を行ないます。

選択ツールを使用して、一括してテキストデータを選択してしまうとっても便利な方法です!

テキストオブジェクトを選択するときの注意点!

簡単に選択できるテキストなのですが、注意しないといけないのが、

選択するレイヤーに鍵(ロック)が掛かっていたり、非表示の場合は選択ができないということです。

見落としがないかレイヤーのロックや表示の有無はしっかりと確認したほうがいいですね!

また、アウトライン・プレビューの表示を使うと、少し分かり辛いですが、文字がアウトラインになっているかいないかがわかります。
(Win)Ctrl + Y(Mac)Command + Y で表示が切り替えられます。

画面がモノクロになりますが、上のショートカットキーをもう一度押すと元に戻りますので慌てないように。。

スポンサーリンク

まとめ

今回はイラストレーターのソフトを使っている人向けに

テキストオブジェクトを簡単に選択して、一括でアウトライン化する方法をまとめてみました。

覚えていようとしても、つい私もこの方法を忘れてしまうので健忘録的なのですが

お役に立てると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク