タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟で少年ら13人が行方不明になっていたが、チェンライ県知事は2日夜、洞窟内で全員の無事を確認したと発表した。

少年らはまだ洞窟内にいるそうだが、6月23日に洞窟に入ったとされ、9日間、生き延びたとということで本当に良かったですね!

ただし、全員を外に救出されるまでは、まだまだのよう。
洞窟内に入り行方不明になった経緯と、どうやって生き延びたのか?まとめてみます。

スポンサーリンク

行方不明になっていたのはだれ?

 

タイ政府によると、行方不明になっていたのは、同じサッカーチームに所属する11~16歳の少年12人と25歳の男性コーチ1人の合計13人。

コーチも含め人生これからというチームの皆さんだったので、生存が確認されてホッとしている人も多いようです。

洞窟の画像

SNSに洞窟の画像が出ていました。

薄く暗くて少し前も視界が悪いのが分かりますね。

捜査が難航するのもわかる気がします。

行方不明になった経緯

6月23日午後、国立公園の洞窟に入ったまま、大雨による洞窟内の増水で出られなくなり行方不明になっていました。

米軍やイギリスの探検家、日本の専門家など約2000人が捜索にあたっていました。

タイはこの時期、雨季のまっただ中で、当初は大雨により捜索作業が進みませんでした。

生存がどのように確認されたのかや容体などについての説明はこれからのようです。

とにかく全員無事で本当に良かったですね。

発見された場所はどこ?

サッカーチームの少年とコーチが発見されたのは、避難しているとみられていた空洞から300~400メートル離れた場所だったそうです。

画像引用:https://mainichi.jp/articles/20180704/k00/00m/030/071000c

水が増える洞窟で、水を避けるように高台に避難していたのでしょうね。

どうやって生き延びたのか?

9日間も洞窟の中に閉じ込められていたとのことで、食料などどうやって確保していたのかが

気になりますね。

少年らは持っていたスナック菓子を男性コーチが1日にどれだけ食べるかを指示していたそうです。

皆で少しずつ口にし、体力を失わないために、大声を出したり、むやみに動いたりしないと決めていたという。

体力を消耗しないように工夫をいていたのですね。

いつ救助されるか分からない状況での、コーチの判断が生存して発見されることにつながったのですね。

水分は洞窟内の水で補給していたそうです。

完全救出までの道のり

少年らは生存が確認されて大変嬉しいことなのですが、完全救出にはまだ長い日時がかかりそうです。

雨季が終わり水が引くのを待つと乾季になるまではおよそ4ヶ月も待たなくてはなりません。

洞窟は、これからも大雨でさらに水位が上昇する場所が多いということで、少年たちのために4カ月分の食料を届けられました。

医師なども潜水して少年たちの場所に行き、体調の確認し少年らの体力の回復を優先させています。

体力が消耗して衰弱している子供達の体力の回復を待って、潜水方法を教えるなど検討されているそうです。

また、上空からドローンを使って救助できる抜け穴などがないかも調査しているようです。

どんな方法で少年らの救助まで家族と会話ができるように電話線を引くことも検討されています。

無事全員救助!

少年とコーチは、7/8に4人、7/9に4人、最後に少年4人とコーチの5人を残していましたが、本日無事に救出したそうです。

少年やコーチ1人に対して2人のダイバーが付き添い潜水したと見られます。

健康状態は良好とのことで、本当に良かったですね。

洞窟の外で待っていた家族や関係者の方々は、生きた心地がしなかったと思います。

ワールドカップの決勝もみることができますね!

スポンサーリンク

まとめ

とにかく全員が生存で無事に発見救出!されたとのことで本当に良かったです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク