「OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018」(ハジマザ 2018)でマキシマム ザ ホルモンが活動を休止する発表がありましたね。

理由や原因はなんなのかとさまざまな憶測が飛んでいましたね。

本日、ボーカルのダイスケはんが、頚椎椎間板ヘルニアで緊急手術をするとの発表があったそうです。

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんヘルニア)は、首の椎骨のヘルニアですよね。

マキシマム ザ ホルモンの活動休止の理由(原因)はダイスケはんの頚椎椎間ヘルニアということで、

ダイスケはんの容態も気になりますが、「マキシマム ザ ホルモン」の今後の活動と、ライブの復帰予定はいつになるのかまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

マキシマム ザ ホルモンのダイスケはん

マキシムザホルモンのダイスケはんはボーカルを担当しています!

画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00000049-dal-ent.view-000

右から2番めが「ダイスケはん」ですね。

ダイスケはん

本名:津田 大輔(つだ だいすけ)
生年月日:1977年9月13日(41歳)
出身:香川県高松市出身
担当:ボーカル(デスヴォイス、シャウト)担当
血液型:A型

頚椎椎間板(首)ヘルニアとは?

頚椎(けいつい)とは、首の骨ですね。

ヘルニア=腰というイメージがありますが、ヘルニアには、おヘソや腸などあるそうです。

頚椎には、神経組織がたくさん通っていて、各頚椎の間には椎間板と呼ばれる組織があり、上下の頚椎を支えるクッションの働きを持っているのですが、加齢でクッションが変形したり、この椎間板が破れて各神経を圧迫するのが頚椎椎間板ヘルニアと言うそうです。

症状には、肩こり、背中の痛み、手のしびれ、手のむくみ、握力低下があるそうです。

ひどくなると、頭痛やめまい、下半身にも症状があらわれてしまうとか。

とても怖いですね。

ダイスケはんの症状は?

ダイスケはんの気になる症状ですが、診断後、「緊急手術」ということなのでかなり症状が重いと思います。

首のヘルニアは、首を動かすと痛みが増したり、首の動きに制限が見られるようですが、運動やストレッチの保存療法をしても症状が改善しない場合や、歩行や排尿などに支障が出る場合は手術をするそうです。

X-JAPANのYOSHIKIさんも頚椎椎間ヘルニアの手術をされていますよね。

首の神経がたくさん通っている部分の手術でリハビリも大変だと思うので、頑張って治療してもらいたいですね。

今後の活動と復帰予定は?

今後の活動と復帰の予定については、今のところ情報がありません。

頚椎椎間板ヘルニアの手術をされると普通の生活に戻るのに個人差もあるか思いますが、数ヶ月掛かり、ライブなどの活動は更に日にちが必要ですよね。

5年ぶり新曲MV9/18に公開

ライブ活動は休止になりますが、9/18に新曲が発表されるそうです。

新曲も5年ぶりなので楽しみですね!

スポンサーリンク

まとめ

マキシマム ザ ホルモンが活動休止するということで、

ボーカルのダイスケはんが、頚椎椎間板ヘルニアについてまとめてみました。

緊急手術をするということでとても心配ですが、手術の成功をお祈りしたいと思います。

ライブの復帰も慌てずにしっかり治療していただいて無理はしてほしくないと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク