ISSAさん率いるDA PUMPの「U.S.A」大ブレイク中ですよね!

「ダサかっこいい」と言われている「U.S.A」ですが、じわじわと味が出てきますよね。

イッサさんが足を怪我をして、普段歩くのに「足を引きずっている」とは微塵も思わせないダンスもめちゃくちゃカッコいいです!

この「U.S.A」ですが、今でもカバー曲(原曲がある)のを知らない人がいるようなので、

今更ですが、原曲についてと、「アメリカン!!」の部分の歌詞の意味を比べてみたいと思います!

スポンサーリンク

DA PUMPの「U.S.A」

「U.S.A」は、DA PUMPの3年8か月ぶりの新曲ですね。

DA PUMP&ISSAさんについて

DA PUMPのもともとのメンバーは4人ですが、現在残っているのは、リーダーのISSAさんのみ。

残りの6人が加入して今のDA PUMPとして活動されています!

イッサさんは、女性との噂が絶えない男性でしたが、先日美容師の一般女性とご結婚されたばかりですね!

歌もダンスもとてもカッコよいので、モテそうなの分かります~!

【ISSA生歌がヤバイ!】イヤモニなしの歌唱力!踊りながらの歌が上手すぎ!

MV再生回数は?

「U.S.A」の発売に先駆けて、you tubeにアップされたミュージックビデオの再生回数は、

2018年9月の現時点で、6700万回!すごいですよね。

DA PUMPの「U.S.A」はカバー曲!

ユーロビートで、90年代を彷彿させる「U.S.A」は、どこか懐かしいように感じる方も多いハズ。

「U.S.A」はカバー曲で、最近では、荻野目洋子さんのダンシング・ヒーローが 登美丘高校のダンスで再ブレイクしたことも記憶にあたらしいですね!

DA PUMPの「U.S.A」は、Joe Yellowさんの1992年リリースされた曲です。

90年代前半のユーロビートで、ディスコでよく流れていた曲なんだそうです。

リーゼントヘアですね!

1958年生まれのジョーイエローさん、現在は60歳ですね。

原曲サビと歌詞を比較!

DA PUMPの「U.S.A」の訳詞を手がけたのは、shungo.(シュンゴ)さんと言う音楽プロデューサー・作詞家さんです。

原曲と聴き比べてみると、サビの「カモンベイビー」のあとの「アメリカン~」の部分と歌詞が異なるのが分かります!

「Come on baby, do it again
「Come on baby, sing it again

原曲の英語をマスターしてカラオケでかっこよく歌ってみてもいいんじゃないでしょうか?

カバー曲と知らなかったとの声

スポンサーリンク

ダンス反転バージョンも!

これから、運動会や、忘年会、卒業式と、「U.S.A」のダンスを余興でやる方も増えてきそうですね!

本家のダンスを完コピするのは至難の技かもしれませんが、avaxからはダンス反転バージョンもでていました。

親切ですね!

まとめ

10月にはDA PUMPさんは単独ライブを10月10日に行なうようなので楽しみですね!

Mステのfesに出演もされますし、年末に向けてもテレビで聴く機会も増えてきますね!

今回は、意外にしらない?「U.S.A.」の原曲について調べてみました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

ISSA足の怪我の後遺症で「足を引きずって歩く」のにダンスがカッコいい!

スポンサーリンク