黒のロングヘアの女性シングソングライター。「あいみょん」さん

人気急上昇ですね!

清楚なイメージからは想像できない、インパクトのある歌詞は、椎名林檎さんに比喩されるほど。

2018年4月25日発売に先駆けて、Mステに出演され新曲「満月の夜なら」を歌うそうです。

とっても意味深な歌詞であり、そして官能的な歌詞です。

「満月の夜なら」の歌詞で何度も登場する「溶けたアイスクリーム」というフレーズも、とても気になるところ。

あいみょんさんの歌詞の世界観、「溶けたアイスクリーム」についても考えていきます。

スポンサーリンク

あいみょんさんについて

シンガーソングライター「あいみょん」さん。

お父さんが音響関係のお仕事されていた、6人姉弟の上から二番目の次女。

誕生日 1995年3月6日
出身地 兵庫県西宮市
活動期間 2014年
学生時代 学生のころは陸上部で副部長を務めるなど、責任感もあり体育会系な一面もお持ちです。
理想の男性像 好きな男性像にお父様

男性の女性を想う必死な様が好きで男性目線の曲を多く書いています。

2016年11月に『生きていたんだよな』でメジャーデビューされています。

「満月の夜なら」

さて、本題の新曲「満月の夜なら」の歌詞ですが、とても意味深です。

あいみょんさんは、

インタビューで聴き手がそれぞれどういう意味なのか考えながら
それぞれの解釈に従って聴いてもらえたら嬉しい

と言っていました。

気になる歌詞(一部)は以下の通り。

作詞:あいみょん
作曲:あいみょん

君のアイスクリームが溶けた
口の中でほんのりほどけた
甘い 甘い 甘い ぬるくなったバニラ

<中略>

溶かして 燃やして 潤してあげたい
次のステップは優しく教えるよ
君とダンス 2人のチャンス
夜は長いから
繋いでいて 離れないでいて

歌詞の全文をご覧になりたい方は、こちら
オフィシャルPVはこちら。

溶けたアイスクリーム?意味深な歌詞

溶けたアイスクリーム?どんな意味なのでしょうか?

あいみょんさんのギターと綺麗な歌声でPOPに聞こえますが、捉え方によってはとってもディープな表現ですよね。

プロモーションビデオをみると、恋愛中の男の子が主人公なのですね。

気持ちが通じそうで、あと一歩、というか、そんな若い男女の恋愛のドキドキ感が私はします。

溶けたアイスクリームも、そんな時間の流れを表しているようですね。

歌詞の中にはたくさんの色も登場しますね。それを連想させるような表現も。

ピンク、杏色、白、燃やして(赤)、夜(黒)。

プロモーションビデオのプールの映像といい、青春を感じてドキドキしちゃうのは私だけでしょうか?

満月の夜は、何か起こってしまいそうな、満月の夜なら、何かが変わるような・・・。

長い夜、二人の手も心もつながるんでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はあいみょんさんの「満月の夜なら」の意味深な歌詞について個人的見解を述べてみました~。

これからも期待大のシンガーソングライターですね。

スポンサーリンク