2019年がはじまり、我が家でも子どもたちの小学校への毎朝の送り出しがはじまりました。

お子様が学校へ行くのと同時に出勤されるママさんも多いですよね!

私も子供の朝の準備で悩んでいたのですが、ちょっとした工夫や声掛けで、子供の支度が遅いのを解消できる「朝のお支度ボード」というのを見つけました!

色んなお支度ボードが紹介されていますが、今回は私が実際に娘と作った「朝のお支度ボード」をご紹介します!

家にあったもので、お金も時間もかけずにできたので参考にしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

毎朝の子供の支度にイライラしてしまう原因は?

もともと朝早起きが苦手な私のせいで、どうしても朝起きるのが遅くなってしまうため、子どもたちの朝の支度もドタバタしてしまっています。

うちの娘の場合の朝支度に手間取ってしまう原因を分析してみました!

・好奇心旺盛で、楽しいことが大好きなので、ちょっと面倒な明日の準備をどうしても後回しにしてしまう。
・起きる時間が遅い。(夜寝るのが遅い)
・朝の支度の習慣がまだ身についていない。

こんなところでしょうか。

本当は、一番の原因は、私(母親)にあるのだと感じていて、

楽しく身支度をするサポートが足らなかった

と反省しています。

最近読んだ「習慣」に関する本の内容からしても、子供は大人が何も考えずともできる朝の身支度等の習慣がまだ未熟で身についていないと書かれていました。

大人が、朝起きてから身支度するまで、例えば20分でできることも、子供はもっと時間がかかってしまうというのは納得です。

急いでほしくて、何回も「早く!」と急かしてしまうのはやはり逆効果なんですね。。

遠足や運動会、お楽しみ会などの楽しい行事があるときは、何もしなくても準備がサクサクできることから考えても、子供が朝の支度が楽しくなるように工夫された「朝のお支度ボード」は効果があるかも!と感じて私も早速作ってみることにしました!!

「お支度ボード」とはなに?

お支度ボードとは、お子様が身支度などを楽しくできるように工夫されたボードのことです!

やるべきことを視覚化して、できたときにシールを張ったり、マグネットでできた印をつけることでお子様のやる気もアップするんですね!

ネットで、良さそうな既成品があったら買ってみようかと一瞬思ったのですが、朝の準備にはそのご家庭スタイルがあるので、色々見て回った結果、手作りするのが一番良さそう!!と言うことで手作りしてみました!

材料費無料!手作りのために使った材料は?

お金をたくさんかけて、うまくいかなくなってしまってももったいないかな?改良するかもしれないし・・・

ということで今回作成したお支度ボードは、マグネットとボードを再利用してみました。なので材料費はタダでした!

材料


・ペン
・のり
・丸いタイプのマグネット
・マグネットボード

もしマグネットとマグネットボードがお家になくても100円ショップで買えますよね!

お支度ボード作り方の手順

今回手作りしたお支度ボードがこちらです!!

「朝の」と謳っていますが、夕方家に帰ってからの支度も肝心なため、一連の流れで、実際には夕方から朝のお支度ボードで作成しています。

手作りお支度ボード

1.小さい紙に家に帰ってから、明日の学校に行くための準備などを子供に考えて書いてもらう!
2.次に、同様に小さい紙に朝起きてから学校に行くまでにすることを書いてもらう。
3.A4サイズくらいの大きさの紙に、1,2で作った紙を順番に糊付けしていきます!
4.完成!!

とっても簡単です!

作成時間30分でした!

上の部分には、子供の名前をアルファベットで書いたのですが、娘は楽しそうに、「色を塗りたい~」と色付けしてくれました!

使い方:家に帰ってから編

お支度ボードができたら、早速目立つところに飾って、家に帰ってきてから終わったら、マグネットを置いていきます!

うちの子の場合、ゲームや動画を見るのが楽しくて、宿題や準備が遅くなってしまうので、これが終わったら!という赤いハートマークをつけてみました。

早くゲームがしたくて、宿題や学校の準備がものすごく早く終わるようになりました!

使い方:朝学校に行くまで編

朝は、私も余裕を持ってこどもを起こしてあげるようにして、子供に声掛けを工夫してお支度ボードを活用します!

ついつい早く!と小言を言ってしまいそうになるのですが、

「どこまで支度が進んだかな?」と言ってあげて、昨日よりできたことを褒めてあげるとやる気を出してくれます!

そして、朝まだ体が目覚めていない子供に対しては、支度のことではなくて、今日学校であることや、帰ってからの話などをして私自身が焦らないようにもしています。

「あー、もう急いでくれないと、ママがお仕事遅れちゃうよ」としょっちゅう言っていたのですが、これはやはり禁句ですよね。

子供に焦りが伝わると、子供は無意識のうちに不安になってしまうようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、私が実際に娘の朝の支度がうまくはかどらず困っていたところ、「お支度ホード」を活用してみた経験から記事にまとめてみました。

朝の支度で手間取っている娘でしたが、やることを考えて紙に書く→並べるということをボードを作ることで、娘の成長も感じましたし、娘自身も支度の流れが視覚化してクリアになったようです。

娘は今小学3年生なのですが、4年生になるまでにほんの少しずつでも朝の支度がスムーズになってくれたらいいかな!と思っています!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク