9月に飲酒ひき逃げ事件をおこした吉澤ひとみ被告の初公判が本日始まります。

飲酒運転イメージ画像
酒気帯び運転でひき逃げし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反で起訴されているのですが、

衝撃の逮捕から3ヶ月、芸能界から身を引くといっても、やはり注目されていますね。

20席の一般傍聴席の抽選に1000人ほどが並んだとのことです。

今回は、吉澤ひとみ被告は初公判で何を語るのか?飲酒量はどのように供述するのか?などなど気になる部分をまとめたいと思います!

スポンサーリンク

吉澤ひとみ被告が起こした事故概要

元モーニング娘だった吉澤ひとみ被告は、

9月6日午前7時ごろ、東京・東中野で、酒によった状態で車を運転し、ひき逃げ事故を起こしました。

警視庁中野署は酒気帯び運転の疑いと、自動車運転処罰法違反の疑いで、吉沢容疑者を逮捕しました。

事故から15分後に、自ら110番通報して逮捕に至ったようです。

のちにドライブレコーダーの動画も流出しましたが、ものすごい勢いで交差点に突っ込み、自転車に接触するも、停車する気配なく逃げ去る様子が映っていました。

吉澤ひとみ初公判、傍聴席の抽選の確率は?

東京地裁、425号法廷で14時から開廷された今回の初公判ですが、

13時20分までに東京地裁の前に並んだ方に傍聴券が配られ抽選されたそうですが、

傍聴できたかたは20人前後で倍率は50倍だったようです。

傍聴席のための抽選で、列に並ぶアルバイトもあるんですね。。

ちなみに、過去の芸能人の公判の傍聴倍率は、清原和博さんが188倍、酒井法子さんは330倍だったそうです。

吉澤ひとみ初公判で何を語る?

吉澤ひとみ被告、本名川前ひとみ被告は、初公判で何を語ったのでしょうか?

こちらは、公判終了後追記させていただきます。

姿を見せるか?

吉澤ひとみ被告は、芸能界から身を引いてしまったので、マスコミの前に姿を見せる可能性は極めて低そうですね。

傍聴の様子が、絵で描かれるので、実際の吉澤ひとみさんの様子は言葉で伝えられる程度だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、3ヶ月前にひき逃げ事件を起こした吉澤ひとみ被告の初公判が行われるということで、

裁判で語られた内容と、傍聴の倍率などをまとめて見ました。

一瞬で、今まで築き上げてきた人生が音を立てて崩れていくのは、やはり見ていて辛いものです。

飲酒運転やはり絶対にしてはいけないと身にしみて感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク