奈良県の国道24号線で、8月31日深夜2時頃にバイクが転倒する交通事故が発生したようです。

事故に絡んだのは8人で、6人が亡くなっているとのことで大惨事ですね。

転倒したバイクが複数台とのニュースで、バイクが何台だったのかという情報がまだ入り乱れています。

今回は、奈良の国道24号線でバイクが転倒した事故について、バイクは何台で、場所はどこ?だれがどうやって乗車していたのかまとめてみたいと思います。

バイクが3台で8人が乗っていたのだとすると、どんな乗り方をしていたのかも気になります。

事故に遭われた方に未成年で、中学生や高校生がいた可能性もありそうです。

スポンサーリンク

奈良県の国道24号線事故の概要

奈良県奈良市の国道24号線でバイク複数台が転倒する事故が発生したようです。

事故が起きたのは8/31の深夜2時20頃。

同じ道を走っていたトラックの運転手の通報で分かったようです。

後続していたトラックの運転手は、信号待ちをしていたら、バイク数台に追い越されたそうです。

その後、信号が青になって前に進むと、バイクと人が倒れていたそうです。

バイクが横たわっている画像から見ると、かなり車体も壊れていますのでスピードが出ていたのかもしれませんね。

発生場所はどこ?

事故が発生したのは、奈良県奈良市の国道24号線です。

住所:奈良県奈良市八条5丁目

奈良県の北部で京都との県境に近い場所ですね。

現場は高架橋になっていて、坂道。

南から北へ走行していて、下り坂で事故が発生したようです。

自転車も含め、バイクや自動車も下り坂は、アクセルを踏まなくてもスピードが出てしまうので、慎重に運転をしないと怖いですよね。

国道24号について

この国道24号線は、京都・奈良・和歌山と近畿3府県の都市部を縦断する国道です。

バイクは何台?種類は?

この事故に絡んでいたバイクは、3台という情報です。

(ニュースが出たての際は、一部で4台という情報もありました。)

バイクの普通バイク(オートバイ)1台原動付きバイク2台のようです。

乗車していたのはだれ

バイクに乗車していたのは、10代~20代の男性5人女性3人だったそうです。

事故にあったのは8人で亡くなった方が6人もいるようです。

一部情報によると事故に遭われた方のうちに14歳〜18歳が6人いるとのことで、こちらが本当であれば、高校生と中学生ということになりますね。

最新の情報によりますと、亡くなった方の身元は、

奈良市の17歳の少年3人と18歳の少年2人、奈良県大和郡山市の14歳の中3女子生徒。

怪我をしたのは、、奈良市の17歳の少女(外傷性くも膜下出血で重傷)、奈良市の14歳中3生徒。

です。8人全員が大型バイクの免許を持っていなかったそうです。

どうやって乗っていたのか?

バイクが3台で、8人が乗車していたとしたら、どうやって乗車していたのか?

という部分ですよね。

歩行者が巻き込まれたような情報もないので、なんらかの形でバイク3台に8人が乗っていたのかもしれません。

憶測になってしまいますが、交通規則を違反した、2人乗りや3人乗りなどの無謀な運転の可能性もありますね。

現場には、ヘルメットが2つしかなく、無免許で定員オーバー(オートバイに3人乗り、原付バイク2台に2人乗り)をし、信号を無視して無謀な運転をしていたようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今日で8月が終わるという日に痛ましい事故が起きてしまいました。

バイクは身一つで乗るものなので、便利な反面とても怖い乗り物ですよね。

せっかく授かった命、ご家族や友人は突然亡くなった気持ちのやり場がどこにもないのでは?と思います。

乗り物は凶器ということを改めて感じました。安全運転心がけたいですね。

スポンサーリンク