東武東上線は、埼玉県西部と池袋を結ぶ私鉄です。人身事故が多い路線として有名ですが。。。

埼玉県坂戸市の北坂戸駅で、昨日午後3時過ぎ、バックに入った乳児がコインロッカーに遺棄されていたということです。
今回は、東武東上線の北坂戸駅のコインロッカーの場所はどこなのか?

なぜ嬰児(生まれて間もない赤ちゃん)を遺棄したのか?母親はだれ?についてまとめます。

スポンサーリンク

東上線北坂戸駅の場所はどこ?

東武東上線北坂戸駅は、急行や特急の停車する、「坂戸駅」のひとつ北側にある駅です。

住所:埼玉県坂戸市末広町1
1日の乗降人数:約19,000人

周りに、北坂戸団地や高校・大学もある駅になっています。

コインロッカーの場所はどこ?

異臭がするという通報を受けて、乳児が遺棄されていた、北坂戸駅のコインロッカーの場所は、

駅構内にあるコインロッカー

ということです。

画像引用:yahoonニュース(朝日新聞デジタルより)

写真左側は、切符の券売機、右側にロッカーがあることが分かります。

こちらに、乳児が遺棄されていたということですね。

バックの中に入れられていて、衣服を着ていない状態の赤ちゃんで、生後数日が経過していたそうです。

この暑さもありますので、かなり異臭がと言う情報もありました。

人としてこの世に生をうけた赤ちゃんのはずですよね、臭うとか、遺棄とかというコトバ、本当は使いたくありません。

なぜ遺棄で母親はだれ?

容疑者の情報はありませんが、赤ちゃんの母親の可能性もありますね。

母親はまだ特定されていません。(未成年の場合は今後の報道もおそらく控えられると思います。)

なぜ、赤ちゃんを遺棄しなくてはならなかったのでしょうか?

こちらは、捜査の情報を待ちたいと思います。

ただ、今年に入って乳児遺棄のニュースも多くなっています。

3ヶ月前には歌舞伎町のロッカーでも赤ちゃんの遺体を遺棄した事件がありました。

【歌舞伎町ロッカーで乳児の遺体遺棄】なぜ赤ちゃんを?理由と背景について。

望まない妊娠であったことは確かですが、遺棄する必要はなかったはずですよね。

容疑者は見つかるか?

駅構内に設置されているコインロッカーですので、防犯カメラに容疑者が写っている可能性もあるようです。

生まれて間もない赤ちゃんといえど、立派な命だったはずです。

遺棄したかたに、どんな理由があったにしろあってはならない事故ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東武東上線の北坂戸駅のコインロッカーの場所はどこなのか?

なぜ嬰児(生まれて間もない赤ちゃん)を遺棄したのか?母親はだれ?についてまとめてみました。

赤ちゃんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク