大阪府の警富田林署内の留置所に勾留されていた樋田淳也容疑者が8/12に逃走したそうです。

脱走というと、プリズンブレイクのドラマの中の出来事のような気がしますが、どうやって逃げることができたのかも問題ですね。

樋田淳也容疑者はまだ若いのに、強制性交などの罪で「再逮捕」ということで、犯行を繰り返している人物なので怖いですし、なぜ留置所から逃走することができたのかが気になります。

今回は、大坂の留置所で勾留中に逃走した、樋田淳也容疑者(読み方はヒダジュンヤ)が、どうやって脱走したのか?

脱走した留置所の管理はどうなっていたのか?容疑者を逃した警察に責任は問われないのか?についてまとめてみます。

スポンサーリンク

樋田淳也の読み方は?

現在逃走中の樋田淳也容疑者の名前の呼び方は「ひだじゅんや」。

お名前が読みにくく、単純になんと読むの?と思う人も多いと思ったので最初にお伝えしました。

「といだ」とも、「あつや」とも読めるので読み方は少なくとも4通りありますからね。

樋田淳也容疑者について。特徴と顔画像

では樋田淳也容疑者の特徴と罪状をお伝えします。

樋田淳也容疑者は現在30歳。

住所不定の無職
身長:163センチ
特徴:中肉、左腕に手術痕、左ふくらはぎに動物の刺青
逃走時の服装:黒色長袖ジャージ・黒色Tシャツ・灰色スウェットズボン・留置場のサンダル

樋田容疑者は過去に4年ほど刑務所にいたという情報もあり、今年に入って何度も逮捕されていたようです。

強制性交・窃盗・強制性交未遂・放火など罪状はさまざま。

なぜこのような人物が逃げさせてしまったのかと強く感じます・

どうやって逃走?経緯は?

ニュースによると12日の午前中、樋田容疑者に弁護士が接見に来たあと、いなくなったことがわかっているようです。

面会室に設置されているアクリル板をこじ開けて、その隙間から逃げたようです。

面会室のイメージはこんな感じ。

こじ開けるような道具をもっていたということですよね??

アクリル板は、分厚いと思うので鋭利な刃物でも持っていたのでしょうか?

??でも留置所で刃物持ち込めたなら、管理体制ゆるすぎますし、謎が多いです。

監視はどうなっていたのか?

弁護士が面会に来たときに、警察の方は、そばにいなかったのか?

弁護士が帰ったときに、樋田容疑者を留置所に戻さなかったのか?

どれをとっても、警察の管理体制がずさん過ぎますよね。

樋田容疑者が、数々の犯行を繰り返している人物なので、より警戒して監視をしっかりすべきだったと思います。

逃した責任はどこに?

逃走した樋田淳也容疑者が、一番悪いと思いますが、署内から逃走させる管理体制に対して、警察はどのように責任を問われるのでしょうか?

逃走してから、一般の人に知らせるまでの時間も掛かりすぎですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、大坂の留置所より逃走した樋田淳也の読み方をはじめ、特徴や責任問題についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク