平成最大の豪雨被害、水の怖さを思い知らされます。

近年では豪雨に夜水害も多く、明日は我が身と対策も必要となりますね。

未だ行方不明者も多く、非難されている方も多い被災地のコンビニエンスストアのATMで窃盗未遂事件がありました。

男は3人組で、金属のようなものでこじ開けようとしていたようです。

こんな大変な状況なのにひどいことをしましたね。

今回は、豪雨被災地のコンビニの場所はどこで、窃盗をしようとATMをこじ開けようとした男はだれなのか?名前・画像をまとめます。

スポンサーリンク

豪雨被災地のコンビニの場所はどこ

男らが窃盗未遂をしたのは岡山県高梁市のコンビニエンスストア。

画像引用:http://news.livedoor.com/article/detail/14993969/

コンビニの店舗の住所や店名は明らかにされていません。

画像からもわかるように、道路も冠水し、水位が高い状態がわかりますね。

窃盗未遂の被害の状況は?

今回の窃盗未遂は、豪雨水害で無人のコンビニに、男3人が押し入り、ATMの中のお金を機械をバールのようなものでこじ開けて盗もうとした疑いです。

状況を確認するため巡回していた警備員が、ATMにこじ開けようとした形跡があるのを発見し、少年2人と男1人が浮かび上がり逮捕されました。

現金を盗もうとしたとして、窃盗未遂と建造物侵入の疑いが持たれています。

こんな状況で何を考えているのか?と思ってしまいますよね。

窃盗未遂の男はだれで名前・画像は?

窃盗未遂で逮捕されたのは、岡山県倉敷市中島の自称、建設業、杉本一史容疑者(22)と倉敷市内に住む19歳の少年2人です。

残念ながら顔画像は特定できませんでした。

被災地では、見ず知らずの人が助け合ったり、過酷な状況な中で助け合うようなニュースも聞いていますが、

同じ県内の男が窃盗するなんて本当に信じられないですよね。

被災地での犯罪・問題行為とは?

東日本大震災の時も、このような事件が起きたと聞いています。

自然災害が起きたあと、被災地で起こりうる犯罪や問題行為は以下の通り。

□窃盗
□詐欺
□暴力行為・恐喝
□性犯罪
□募金詐欺
□デマ情報
□チェーンメール
□便乗値上げ
など

スポンサーリンク

まとめ

被災地を狙った盗難未遂事件。

被害に遭われた方は、途方に明け暮れている状態だと思います。

非難されている方の身の安全が守られるよう願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク