ツイッターで知った事実です。

六本木のエース東京キャバクラ嬢の一華綾さんが愛犬のトイプードルにしつけと言い、ケガをさせていたようです。

虐待とも見られる動画をインスタグラムにアップしていた動画が流出して炎上していました!

今回は、エース東京のキャバ嬢一華綾さんについてと骨折したトイプーに物投げる動画などをまとめます。

スポンサーリンク

エース東京とは?

エース東京ってなんだ??と思われる方も多いですよね。

エースファクトリーグループは大阪の北新地をメインにキャバクラを出店しているキャバクラグループで、綾田さんという方が社長をされているそうです。

今年の4月に六本木に出店しました。まだ新しいお店なんですね!

住所:〒106-0032 東京都港区六本木7丁目13−2 六本木アーバンビル4階

料金体系を見ましたが、一言で表すと、超高級キャバクラです!

1時間12000円にサービス料30%、指名料3000円~などなど細かい料金設定がありました。

キャバ嬢一華綾さんとは?

今回ペットであるトイプードルを虐待したと言われているキャバ嬢の一華綾さん。

画像引用:本人のインスタより
年齢:23歳(1994年生まれ)
本名:不明

整形したり、自宅を公開して100万円の報酬をもらっていて、かなり美とお金に貪欲な感じがします。

愛犬の名前は、ロッキーくん。

5月25日のインスタの投稿で、生後10ヶ月と書いてあったので、そろそろ1歳になるレッドのトイプードルです。

本人によりますと、

最低1時間くらいは散歩するし
ドッグランも連れて行くし
松本楼もボンダイカフェもバンブーも……
ってあれ??
尽くしすぎ???🤭🤭
.
まだまだ10ヶ月なのに
贅沢な赤ちゃんだぜ🤔👶💓
.
でも吠えないしすごく頭良いし
お利口さんで大好きなロッキー❤️

かなり可愛がっているようにインスタではおっしゃっています。

骨折したトイプーに物投げる動画

ツイッターで拡散されていたのは、こちらの動画です。

こちらはなんと本人が投稿したもの。

恐らくインスタのストーリーという機能を使ったのではないかと思います。

ストーリー機能は投稿したら24時間経つと自動で消えるので、タイムラインには残らないんです。

縦横が逆になっているので見にくいですが、その動画をどなたが残したものです。

ロッキーくんはシンクに入れられて、しっぽを下げています。

ワンちゃんを飼われている方ならお分かりかと思いますが、このロッキーくんの表情は、完全に怖がっています!

手術をしたときにつけるカラーを首に巻いていて、右足が水色の包帯?で巻いてあります。

足を浮かせていることと、カラー(傷口をなめたりしないように付けられるもの)、動画に埋め込まれている文章から推測すると、このロッキーくんの右足は、一華綾さんが骨折させたものと考えられます。

洗剤のボトルを投げつける映像があります。

なんと酷いのでしょう。

そして、トイレの様子がこちら。

・・・もう1回骨折ってやろうかと思ったって書いてあります。。

これは、完全に虐待ですよね。

本人の言い分は?

一華綾さんはトイレにいたずらをしたから、しつけだったと弁明しているようですね。

我が家もワンコがいるので分かりますが、トイレシートで排泄をするワンちゃんが、何日もシートを取り替えてもらえず、足元が汚れたりすると、別の場所で排泄したりするんですよね。

そして、もっとストレスが溜まってしまうと、シートをいたずらしたりします。

この動画を見ると、ロッキーくんはストレスが溜まっていていたずらしてしまったのでは?と私は思います。

動物の愛護及び管理に関する法律

ペットを買うときは、最後まで可愛がる責任があります。

動物の愛護及び管理に関する法律の第44条は以下の通り。

第四十四条

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

2  愛護動物に対し、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、又はその健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、百万円以下の罰金に処する。

3  愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。

4  前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
一  牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
二  前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

直接怪我を負わせたりする行為の他にも、世話をしない・餌を与えないなども【虐待】に当たるそうです。

ペットは最後まで責任をもって飼えるかどうかしっかり検討しないといけないですね。

ロッキーくんのその後は?

今回の動画の拡散から、元大阪エースの門りょうさんという方が、東京エースの社長さんに掛け合い無事に保護されたようです。

ただ、またこの一華綾さんが、社長さんからロッキーくんを引き取る可能性もあるのが心配なところですね。

スポンサーリンク

まとめ

ワンちゃんは、マスコットではないし、ちゃんと1つの命なんですよーー!

トイプードルは賢くて、人懐っこい。

飼い主を怯えて上目遣いをして見るなんて、相当怖がっています。かわいそうですよね。

動物虐待と見られるこの行為は許されるべきことでは決してありません。

責任と自覚をもってペットは飼いましょう!虐待なんて飼い主になる資格はないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク