銀行員が、お客様から預かったお金を着服し逃走しているという。

その額なんと3億7500万円。

着服したとされる男性は現在逃走中。

早く捕まってほしいですね。

今回はきらぼし銀行の元行員男性が着服した経緯と名前画像についてまとめます。

スポンサーリンク

きらぼし銀行とは?

きらぼし銀行は、八千代銀行を存続行とした東京都民銀行・新銀行東京の3行合併により2018年5月にできたばかりの銀行です。

統合初日は、システム障害が出てしまい、騒ぎになっていたようですね。

着服して逃走中の男性の名前と顔画像

懲戒解雇とされたのは、きらぼし銀行の石神井支店に勤務していた36歳の男性行員です。

男性の名前は捜査段階なのでまだ公表されていません。

銀行によりますと、この元行員は、おととし5月から、ことし5月までの間に、法人2社と4人の個人から、定期預金に預けるためとして合わせておよそ3億7500万円を受け取り、着服した疑いがあるということです。

今月2日、顧客の1人から定期預金を解約したいという申し出があり、確認しましたが、口座が存在せず、着服の可能性がわかったとしています。

顧客は、元行員から定期預金の証書を受け取っていましたが、調べたところ、証書は偽造されたものだったということです。銀行は経緯を確認しようとしましたが、元行員は休みに入ったまま連絡が取れなくなったということで、8日付けで懲戒解雇としました。

容疑者を捕まえるために、名前の公表も慎重にしているのでしょうか?

それにしても、定期預金にお金をこの男性に託した会社と4人の顧客、お金持ちですね!!

羨ましいです。

取られたお金は戻ってくるの?

着服された3億7500万円は、お客様に戻ってくるのでしょうか?

銀行が発表した文書によりますと、残念ながら、明確にされていません。

被害に遭ったお金は返ってくるのか。

被害に遭われたお客さまに対して、現時点で判明している事実関係を説明の上で、
お詫びしました。被害に遭われたお客さまに対しては、警察等の捜査の状況を踏まえ、
今後とも真摯に対応してまいります。

真摯に対応って、何なのでしょうね?

保証されるとは記入されているので、全額還ってくるのか?については言及されていません。

お金を託した顧客は、銀行に責任を問うようになりますが、失踪していて本人も捕まらないとなると、どうなるのかとても不安になると思います。

ただ、銀行で加入している保証の対象になれば、保証される可能性もありますね。

男性行員はどこに逃走?居場所は?

3億7500万円ももって、男性行員はどこへ消えてしまったのでしょうか?

海外に高跳びしているのでは?とも言われていますが、早く捕まって欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

お金がないと、騙されることはないのですが、このような手口の場合、銀行員を信用して大金を渡したら着服されてしまうんですね。

証書も偽装されてるということなので、お金を預ける際に、私たち消費者もしっかり確認をしないといけませんね。

早く銀行員の男性も捕まって欲しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク