なぜ、いのちを大切にしないのだろう?

7月1日に起きた岡山県岡山市で起きた交通事故。

中学生5人の乗る自動車が、衝突事故を起こしてうち女子中学生が亡くなるという痛ましい事故。

私はお昼すぎに流れてきたニュースを見て目を疑いました。

中学生が運転?しかも明け方5時ころ。

なぜ、中学生が運転し交通事故を起こしてしまったのか?

この事故をは未然に防ぐことができたのではないかと思えてなりません。

スポンサーリンク

中学生5人乗りの車衝突事故について

岡山市北区青江2丁目の国道30号で、中学2年の男女5人が乗った乗用車が中央分離帯の支柱に衝突した事故の詳細です。

事故の起きた場所

事故が起きたのは、岡山県岡山市北区青江2丁目の国道30号です。

画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00010001-sanyo-l33

見通しの良い片側2車線の道路。

中央分離帯にあるポールに左の車体が食い込むような形で衝突しています。

画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00010001-sanyo-l33

事故発生日時

日時 2018年7月1日(日)。

時刻 午前4時55分ころ。

自動車に乗っていたのは誰?所有者は?

事故を起こした自動車に乗っていたのは5人。

岡山市、岡山県倉敷市の市立中学校4校に通う男子3人、女子2人ということです。

Twitterで知り合ったという情報もあります。

車は乗車していた中学生の所有していたものです。

亡くなったした女子中学生の名前

今回の交通事故で亡くなったのは、

安部心晴さん(13歳:中学2年生)

安部さんは後部座席に乗っていたと見られていて、事故の衝撃で投げ出されて亡くなられたそうです。

ご冥福をお祈りします。

当初は、安部さんが運転していたという誤った情報も流れましたが、

事故のお写真を見ると、運転席にいればエアバックもありますので、それは考えにくいですね。

更には、安部さんのお兄さんとみられる方がツイッター(@yascmcoc)で発言した内容から、安部さんが運転手でないことは判明しているようです。

もし、同乗していた他の中学生が、責任をなすりつけるようなことをしていたら、許せないことですね。

他の4人の中学生の状態

安部さん以外の中学生4人は、重軽傷ということで、意識はあるようです。

容態が安定して、事情聴取などできるようになりましたら、事故の詳細も明らかになると思いますが・・・

未成年ですし、すべてを正直に話すとも限りませんし、友達も亡くなって、かなり怖い思いをしているでしょうから慎重に捜査は進めていただきたいです。

飲酒をしていた可能性

車の中から、アルコールの空き缶が出てきているとのことです。

車に純粋に空き缶をいれるだけのこともありますが、今回の事故の経緯をみていると飲酒をしていた可能性も否定できませんね。

私の想像になりますが喫煙などもあったのではないかとも思います。

事故を未然に防ぐことはできたのか?

一部情報によると、この中学生は常習的に車を運転したということです。

なぜ中学生が運転していたのか?ということも衝撃的で気になる部分ですが、私が疑問に思うことは、事故が起きた時間帯から考えても、なぜその時間に中学生が家にいないか?ということです。

常習的に車に乗っていた点や、安部さんのお兄さんのブログに書かれていることなどを合わせて考えると、夜中に仲間が集って中学生がそれぞれの自宅にいなかった事が考えられます。

安部さんの安部さんのお兄さんとみられる方のブログによりますと、

「中2になった妹がヤンキーになった」と書いてあります。

これが本当だとすると、自動車に乗っていた5人は、夜遊びをするなど、家に夜中にいない状況も度々あった可能性も出てきます。

親や学校の責任は?

この状況を親や学校が把握していたのであれば、親や学校の責任もあるのではないかと私は考えます。

隠れて、悪いことをこっそりするのがスリリングな部分もあるので、

もしかしたら上手に隠していたのかも知れません。

しかし、事故が起きた夜、5人が家に帰っていなかったとしたら、保護者が気付いてあげなかったのか?とも思ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

同じ年頃の子供を持つ親として、今回の事故の衝撃度は大きく、2度と起きてはいけない事故であると思います。

岡山市では昨年10月にも未成年3人が無免許運転で亡くなる時間があったばかり。

世間では、自業自得という声もありますが、私たち大人が、命の大切さや、車の怖さなどは常日ごろ伝えていかなくてはいけないな・・・と改めて思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク