2018年5月26日、浜松市中区の駐車場で浜松市浜北区の看護師・内山茉由子(うちやままゆこ)さん(29)が男2人に車に押し込められ連れ去られたもので、内山さんは6月9日、藤枝市の山の中で遺体となって見つかった事件で主犯格である第三の男の存在が浮上しています。

防犯カメラにも3人の男が写っているとされていますが、遺体発見から1週間以上経った現在でも、第三の男が捕まらないのはなぜなのでしょうか?

すでに逮捕されている男2人は、第3の男と顔を合わせているはずなのですか。。

今回は、謎の多い静岡県の看護師の女性が連れ去らて遺体となって発見された事件について、主犯格(第3の男)と被害者の女性との関係はどんなものだったのか?

動機についても考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

静岡看護師連れ去り事件の経緯

インターネットを通じて知り合った男のグループが、内山さんをフィットネスクラブの駐車場で車ごと連れ去り、遺体となって発見された今回の事件の経緯をまとめてみます。

5月26日(土) 午後6時ころ 内山さんが車に乗り込もうとしたところを男に拉致される。
5月27日(日) 内山さんのものとみられる車が、遺体が見つかった藤枝市周辺を走っていたとされる(この日に遺棄されたとの見方も)
5月28日(月) 家族が捜索願を出す
6月9日(土) 静岡県藤枝市(拉致現場からおよそ50キロ離れた)の山中で遺体が発見される(解剖の結果、死後2週間経過しているとみられている)
6月11日(月) 40代の男が名古屋市内の警察署に出頭、監禁の疑いで逮捕。
6月12日(火) 監禁の容疑で20代の男を逮捕

20代の男は、別の事件で事情聴取を受けた際、インターネットで知り合った男と浜松で女性を連れ去ったと供述していることから、今回の事件への逮捕に結びついたという。

犯行グループの3人の男

今回の事件の犯行は複数の男性(グループ)での犯行と見られています。

現在までに2人の容疑者が逮捕されています。

画像引用:http://www.news24.jp/articles/2018/06/14/07395895.html

○第一の男:鈴木充(すずきみつる)容疑者

○第二の男:伊藤基樹(いとうもとき)容疑者

主犯格の第三の男は誰?名前は?

本日主犯格とされ行方を追っていた男性が今月15日に遺体で発見されたそうです。

逮捕状を取り行方を追われていた男性は39歳の男性。

名前は芥川豊史(あくたがわとよふみ)39才です!

遺体が発見されたのは新潟県新潟市内のホテルです。

事件の発覚を恐れ自ら命を落としたのではないかとの見方も強まっています。

詳細分かりましたら追記します。

事件当日、事件を主導したとされる主犯格の男が、浜松駅で2人の男性と合流し、「女と車を奪い金にかえる」と話を持ちかけられていることが分かっています。

被害者と主犯格の男の関係は?

内山さんと、今回遺体で発見された男性の接点はなんなのでしょうか?

内山さんの職場や、患者さん、フィットネスクラブでの接点などが考えられますね。

詳細分かりましたら追記します。

犯行の動機はなにか?

犯行の動機もまだわかっていません。

遺体の発見が15日ということですので、警察はある程度、内山さんとの接点を把握しているのではないかと予想されます。

詳細分かりましたら追記します。

スポンサーリンク

まとめ

静岡で看護師が連れ去られ遺棄された事件で主犯格(第三)とみられる男が新潟市内のホテルで遺体で発見されました。

被害者との関係はまだ公表されていませんが、至って残虐で身勝手な事件であることには間違えありませんね。

犯人がなくなってしまったことで、事件の真相がどのくらい明らかになるか分かりませんが、動向を見守りたいと思います。

インターネットやSNSで便利である分、このような残虐な事件をなくす対策もしていかないといけないと思います。

スマートフォンの普及で、ネットに簡単に子供でも繋がれる社会なので、大人はもちろん、お子さんへの教育への対策も必要ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク