また新幹線が関わる事故?事件が起きてしまいました。

6月14日に山陽新幹線博多発東京行き「のぞみ176号」博多から小倉間で先頭車両のボンネットに割れが見つかりました。

原因がなんとトンネル内で人と接触したというので驚きです。

新幹線の先頭のボンネットが破損して、血のような赤い付着物が車両に付いている映像が。。

割れたボンネット(車両連結部)より人の腕が出てきて・・・現実とは考えたくもないですが。

今回は山陽新幹線「のぞみ176号」人身事故で遺体の身元は誰?トンネルの場所は?について調べてみました。

スポンサーリンク

山陽新幹線「のぞみ176号」人身事故

新幹線で人がなくなるっていうのはないんだよ、と学生のころ聞いたような気がしましたが、人をはねる人身事故が起こってしまいました。

人身事故のあったのぞみ176号は、午後1時53分に博多駅を出発し小倉駅に向かいました。

午後2時5分くらいに運転手は「どん」という音を聞いた。

過去に運転する列車が小動物に当たった経験から、今回も同様の衝撃音と考え、運行を継続したという。

小倉駅に停車しても点検はしなかった。

小倉駅に到着した際、小倉駅に到着した対向列車の運転士が、のぞみ176号のボンネット部分が壊れているのを見つけた。

画像引用:https://mainichi.jp/articles/20180615

そのため、乗客を降ろして、1つ先の新下関駅で停車し、車両の緊急点検を行ったところ、ボンネットから人の腕や胴体が見つかったという。

警察による現場検証などのため、午後4時10分過ぎから博多-小倉間、午後5時半ごろから博多-広島間が運転見合わせになり払い戻しや宿泊先を探す乗客で溢れかえって痛そうです。

この事故の影響で、山陽新幹線は終日の広島駅~博多駅間の上下線がすべての列車の運行されなかった。

駅の様子

報道の関係者もたくさんきたでしょうから、駅構内はごった返していたのでしょうね。

15日は運行が再開されるそうなので、良かったと思います。

トンネルの場所はどこ?

山陽新幹線「のぞみ176号」の博多から小倉間でのトンネルで事故が起きたという話ですが、どこのトンネルだったのでしょうか?

警察の調べによりますと、

石坂トンネル

北九州市八幡西区の石坂トンネル近くの線路上で遺体の一部が複数見つかり、新幹線と接触した被害者とみて調べている。

外部から人が立ち入ったとみている。

とのことです。

トンネル内に簡単に入れる構造にはなっていないのですが、男性は高架橋にある点検用のはしごを使って線路内に立ち入ったと見られています。

警察の調べによりますと、無人の軽乗用車が停められていて、この軽自動車の持ち主から、遺体の身元が明らかになったようです。

遺体の身元は誰?

遺体の身元が判明したそうです…

福岡県直方市の男性介護士(52)

石坂トンネル付近では、西側で人体の一部が、東側で衣服の切れ端も発見されたそうです。

調べたところによると、時速280キロ~300キロで走行中の新幹線で、人が接触した場合、細胞レベルで粉砕されるとの情報も。

となれば、ボンネットの部分にあった一部と、トンネル付近の遺体の一部、衣類と情報は少ないように思いましたが、身元が判明しました。

「付近に止まっていた車の所有者の指紋と遺体の指紋が一致」したとのことです。

こんな無残なことになるなど、考えも及ばない心境だったのでしょうか。。

スポンサーリンク

さいごに

謎の多い今回の人身事故。

トンネル内に人が侵入したのも問題になってしまいますよね。

在来線と違い、高速で走行する新幹線は、緊急停止に3~4キロもかかると言われています。

JR西日本の責任を問うような書き込みをありますが、こちらは回避が非常に難しいと考えられます。

大変痛ましい事故でしたが、なるべく多くのことが解明して、同じような悲惨な事件が起こらないように願いたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク