あなたは足の指を自由に動かすことできますか?

私は意識をするまで、足指を動かしたり、広げたりすることできませんでした(泣)。。

大人になり、足の指って上手く使えないひとが多いのですが、足指を意識して動かすことによって、カラダにいいことが実はたくさんあるんです。

今回は、【足指のグーパー体操】で冷え性改善できちゃうって本当なのか?

カラダの歪みも改善できちゃう理由についてご紹介していきますね。

スポンサーリンク

足指のグーパー体操とは?

生まれたての赤ちゃんは足の拇指球(ぼしきゅう)を刺激すると、反射で足指を握ろうとします。

小学生(低学年)くらいのお子さんも自由に足指を動かすことができます。

お猿さんやチンパンジーの足の指がもっと自由に動いて、木を掴んだりするのをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

人間は本来、足の指は自由に動かしたり広げたりできるのですが、成人して意識して動かさないと、うまく動かしづらくなってしまいます。

足指をうまく動かせないと、心臓から一番遠い足先は冷えてしまったり、外反母趾になったり、更には立つ際に足指が浮いて姿勢が悪くなってしまいます。

そこでそれらを解消する運動としておすすめなのが「足指のグーパー体操」なのです。

読んで字のごとく、足指で、グーやパーを作って、じゃんけんをするように指を動かす体操のことです。

グー:足指を握るようにする
パー:足指を広げて、隙間を作る
(チョキ:親指を立てて、残り4本は握る)

最初はなかなかやりづらいかもしれませんが、テレビを見ながらとか、お風呂に入りながら5分程度毎日続けることで必ずできるようになるので続けてみてくださいね。

足指のグーパー体操のやり方

それでは実際に足指のグーパー体操のやり方をご説明しますね。

座っておこないますので楽な姿勢をとってください。

あぐらをかいてやると私はやりやすいです。

まずはウォーミングアップから!!

1.足首を片手でもち、もう一方の手は足指の方をもち、足首を左右各5回ずつ回します。

2.片方の足の膝を立ててかかとを床につけて指先を上下に動かします。(左右5回ずつくらい)

(ふくらはぎも動いてポカポカしてきます)

3.両手を使って足の指を広げたり足の指を一本ずつもみほぐします。両足やりましょう。
痛いと感じる方もいるかも知れませんが、痛気持ちいいくらいの力でやりましょう
4.足の指の間に手の指を4本入れて広げ少し動かします。

実際に足指のグーパー体操です。

1.グー:足指を握るようにする→第一関節が手のこぶしのようにボコボコするようにがんばりましょう!
2.パー:足指を広げて、隙間を作る→親指と小指をなるべく遠ざけるようにするとうまくいきます!
3.チョキ:親指を立てて、残り4本は握る→慣れてきたらチョキにも挑戦してみましょう!

足指がうまく動かせるようになったら、床に置いたタオルを握ってみるのもおすすめです。

冷え性改善と歪み解消ができる理由は?

この足の指のグーパー運動をすることで、冷え性が改善できる理由は、ずばり血流が良くなるからなんですね。

実際にやってみると、足先からポカポカと温かくなってきたのを感じていただけたと思います。

そして、足首や足の指をたくさん動かすことによって、

血行も良くなりますし、足指も動かしやすくなり、外反母趾予防に効果があります。

足の骨のアーチもうまれ、指先をしっかりついて立つことができますので姿勢が良くなり、カラダの歪みの改善にもつながりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

いががでしたか?

今回は、心臓から一番遠い足の指をたくさん動かすこと方法をご紹介しました。

年齢を重ねるにしたがって、動かしづらい部分も増えてきますよね。

スキマ時間を上手に使って、普段動かさない足の指をどんどん動かして、冷えや歪みの少ない体を目指していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク