人間は恒温動物と言われ、一定の体温を保つ。。。理科の授業で大昔に習ったことがあります。
女性同士の会話の中には「私低体温なの」などどたまに耳にすることもありますが、あなたの平熱はどのくらいですか?

今回は低体温についてと、低体温を改善する方法をご紹介していきます。

あなたの平熱は何度ですか?

「あなたの平熱は何度ですか?」と聞かれてすぐに答えられますか?

熱を測る習慣がないと、風邪を引いたり具合が悪いときくらいしか体温計を使わず、なかなか自分の平熱を知らない人も多いのではないでしょうか?

年齢や性別によっても若干ことなりますが、体温は健康維持するのに低すぎるとあまり良くありません。

ということで、今回は体温についてお話していきます。

健康な人の平熱は36.5~37.1度と言われています。

それに対して平熱が36.0以下の人は「低体温」となります。

それでは体温別の免疫力を図で見ていきましょう。

38.0度 免疫力が強くなる
37.5度 菌やウィルスに強くなる
36.5~37.5度 免疫力や代謝が最も活発に働く
36.0度 カラダが震えて熱を生産しようとする
35.5度 代謝機能低下、排泄機能低下、アレルギー症の発症などカラダの機能が狂い始める
35.0度 がん細胞が活発に増殖し始める
34.0度 生存ギリギリ
33.0度 凍死寸前の体温

ほんの少しの体温の差で生命に関わるほど違いがあるのですね。

風邪などを引いたときに熱が上がるのは、カラダがウィルスをやっつけるためにきちんと働いている証拠なんですね。

低体温の症状

では低体温になるとカラダにどのような症状が現れるのでしょうか?


・頭痛・肩こり・冷え性・むくみ・アレルギー・肌荒れ・風邪を引きやすい・便秘・生理不順・自立神経のトラブル・体力低下・腹痛・肥満・貧血などなど。


低体温になると、カラダのリンパ球が30%以下に減ってしまい、免疫力が低下してしまうのです。

低体温の症状は病院に行くほどでもないけれど、これらの症状があるのとないのでは日常生活にも大きく関わってきてしまいますね。

低体温の原因

いったいこの低体温の原因は何なのでしょうか?

低体温は生活習慣にあると言われ、食生活の乱れが主な原因です。

栄養不足(ビタミン・ミネラル)
冷たい食べ物や甘い食べ物の摂りすぎ
体温調節機能の低下
運動不足
ストレスによる血行不良
寝不足

以上のような原因が低体温を引き起こしています。

低体温の改善方法

それでは、日常でできる低体温の改善方法について考えてみましょう。

カラダを温める。適度な運動、入浴、白湯を飲む、カラダを温める食べ物を摂る。(生姜、根菜など)
ビタミン・ミネラル・タンパク質ををとる。
白砂糖を控える。
適度な運動を心がける。
バランスの良い食生活を心がける。
ストレスをためない。

ペットボトルの甘いジュースには、砂糖が30グラムも入っているものもあるそうです。
のどが渇いたとき、ジュースを白湯に変えてみるとか、エレベーターに乗る代わりに階段を使う、そんな小さな積み重ねから
生活習慣を見直すこともできそうですね。

まとめ

いかがでしたか?私もちょとしたことの積み重ねで、最近では平熱が36.5度まで上がってきました。
頭痛も減り寝込むこともなくなっています。

今回は低体温の症状と改善方法についてご紹介しました。

普段の生活の中でできることから是非取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク