福山雅治さんが2018年7月20日公開の細田守監督のアニメ「未来のミライ」で本格声優として初挑戦する!と話題になっています。

「本格」では初挑戦?ということは、過去に声優はされていたのでしょうか?気になったので調べてみました。

今回は、福山雅治さんは過去に声優をしていてたことがあり、実は2度目!?

現在でも幅広い分野で活躍中の福山さん。今後声優での活躍もあるのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

福山雅治さんプロフィール

本名 福山雅治(ふくやままさはる)


出展:https://www.cinemacafe.net/
生年月日 1969年2月6日
出身 長崎県
身長 181cm
血液型 O型
デビュー 1990年 追憶の雨の中 (シングル)

中学では吹奏楽部の部長を務めていたという福山さん。

現在では、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、俳優、ラジオDJ、写真家、タレント、音楽プロデューサー…と幅広い分野でご活躍されています。

声優初挑戦はドラえもん

きっかけはドラえもんから

声優のきっかけは福山さんのアプローチからだったというのをご存知でしょうか?

アニメドラえもんでしずかちゃんが大ファンという「福山雅秋」(福山雅治をイメージしたキャラクター)が2010年9月17日に登場します。

それを知った福山さん。ラジオの番組中で、しずかちゃんの大ファンであることをあかし、声で出演したいと話したのが、ドラえもん制作サイドに伝わったことから。

その後、ドラえもんの番組内と、映画「新・のび太と鉄人兵団〜はばたけ 天使たち〜」で福山雅秋役で声優デビューされました。

福山雅秋公式サイト

現在でもドラえもんから生まれた、福山雅秋の公式サイトが運営されています。

曲が「桜もち」ってところが渋いですね。こちらもの「桜坂」からきていてメロディーも同じです。

本格声優初挑戦までの経緯

今回福山雅治さんが、声優に本格挑戦したのは、映画「未来のミライ」(東宝系)7月20日より公開。

もともと監督である細田守さんと交流のあった福山さん。

劇中のキーパーソンである青年が福山さんのイメージにぴったりであったことから、今回の青年役に抜擢されたということです。

オフレコされた様子を福山さんは次のように語っています。

「歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました」とアフレコの感想を語っている。

映画の予告動画はこちら。

劇中でキーパーソンである青年、きになりますね。

今後の声優業はあるのか?

今現在、シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、俳優、ラジオDJ、写真家、タレント、音楽プロデューサー…と幅広い分野でご活躍されている福山さん。

今後は声優での活躍の場も広がるのでしょうか?

声優業を続けるかという情報は残念ながらありませんでしたが、福山さんはコメントで細田守さんのアニメの世界観を絶賛しています。

福山さんが共感しうる作品よりオファーがあった場合は、また挑戦されるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は福山雅治さんが過去に声優をしていてたことがあり、実は2度目!であったこと。

今後声優での活躍もあるのかについてまとめてみました。

映画の公開も楽しみです。

スポンサーリンク