先日2018年3月30日に放映された「金スマ」ではX-JAPANのYOSHIKIさんの壮絶な過去が赤裸々に明かされました。

昨年の頸椎の手術を乗り越え、2018年7月にコンサートをされるため、最近はテレビの特集等でも頻繁にお見かけするYOSHIKIさん。

早くも4月27日に続編が放映されると話題になっています。

続編では、YOSHIKIさんの交流関係、マリリンマンソンさんや桃井かおるさんらの友人がYOSHIKIさんの素顔を語るそうです。

また、ロスでの超多忙の私生活も放映されるとか。

今回は、YOSHIKIさんがプロデュースのワイン、【ワイ・バイ・ヨシキ】(YbyYOSHIKI)についてご紹介します。

スポンサーリンク

YOSHIKIさんの経歴

本名

林 佳樹(はやし よしき)

生年月日 1965年(昭和40年)11月20日
出身 千葉県館山市
館山市立北条小学校・館山市立第3中学校・千葉県立安房高等学校卒
音楽大学に合格していたがバンド活動に専念するため断念
血液型 B型
身長 174cm

YOSHIKIさんは呉服屋の長男として生まれ、4歳からピアノをされていました。9歳から作曲はしていたそうです。

毎年誕生日にはひとつ楽器をプレゼントしてもらえていたそうです。

トランペット、ギター、ドラムセット、どの楽器も誕生日プレゼントだったのですね。

10歳の時にお父様が34歳の若さで亡くした辛い過去をお持ちですが、11歳からドラムをはじめたYOSHIKIさんのお父様の夢もドラマーだっと言うことをデビュー後に知ったそうです。

クラシックばかり聞いていたYOSHIKIさんですが、ジャケ買いしたキッスのシングル「ラヴ・ガン」、母親に連れて行ってもらったキッスの『ロックンロール・オーバー・ツアー』の武道館公演をきっかけにロックの世界にはまっていきます。

幼稚園の頃から幼馴染だったToshlさんとともに、小学校6年生の時にバンドを結成されました。

中学校の体育館で開かれた予餞会で初めてのステージを踏み、高校の文化祭でもカバー曲などを演奏していました。

いくつかバンド名を変えながらもToshlさんバンドを続け1985年「I’LL KILL YOU」でXとして初のシングルを発売しました。

バンド名「X」は「無限の可能性」と言う意味を込めて、当時長いバンド名が多かったので一文字で名付けられました。

1989年にメジャーデビュー、のち世界進出を目指し、X-JAPANと改名します。

その後の波乱万丈を綴った3月30日に金スマで放映されたばかりですね。

見逃した方はこちら↓↓

ロサンゼルスの自宅豪邸

YOSHIKIさんが現在52歳。独身でいらっしゃいます。

ロサンゼルスのご自宅は超セレブな豪邸です。

そのご自宅、敷地 なんと、300坪。

自動で開く門をくぐると、家まで70メートルもあるそうです。

こちらの豪邸にYOSHIKIさんは独り暮らし。

とても贅沢ですね~。

お食事は専属の調理人が作ってくださるそうです。

家具の色調は、白と黒。

家に入ると、黒いグランドピアノ、プール、ジャグジー、暖炉・・・。

専用のトレーニング機器のあるお部屋は2つ。2日に1回。多いときだと週に6回のトレーニングをされるそうです。

睡眠時間がたとえ僅かでもカラダを鍛えるYOSHIKIさん、すごいですね。

そしてキレイなお肌の秘訣は、ワインと噂されるほど、ワイン好きなYOSHIKIさん。

ワインセラーももちろんご自宅に完備!

YOSHIKIがプロデュースのワイン!【ワイ・バイ・ヨシキ】

そんなYOSHIKIさん。ワインをプロデュースしたと話題です。

金スマ続編でもオフの日にプロデュースしているワインのためにナパへ3時間車を走らせて向かいます。

そのワインの名前が、【ワイ・バイ・ヨシキ】(Y by Yoshiki)

YOSHIKIが、新作ワイン「Y by Yoshiki」(ワイ・バイ・ヨシキ)をプロデュース致しました。 2008年に誕生したY by Yoshikiは、YOSHIKIとナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワインです。

夏に行われるディナーショーではこの「Y by Yoshiki」(ワイ・バイ・ヨシキ)が振る舞われるのを期待してしまうのはわたしだけでしょうか(笑)

【ワイ・バイ・ヨシキ】(Y by Yoshiki)の味の評判は?

過去に販売されワイ・バイ・ヨシキについてご紹介します。

・2008カベルネ・ソーヴィニオン 7560円(税込み)
プラムとブルーベリーのフレーバーもあり口当たりのよい柔らかなワイン。

・2012シャルドネ ナパ・ヴァレーシャドルネ 1800本生産 10584円
洋梨やりんご、桃系のアロマが感じるミディアムボディの白ワイン。
100%発酵樽シュールリーで9ヶ月熟成。

・2011カベルネ・ソーヴィニオン・ナパ・バレー 3600本生産 15984円(税込み)
深い赤紫色で、ダークチェリーやベリー系の黒い果実のアロマが感じられるワイン。
フレンチオーク樽(新樽45%)で12ヶ月熟成

ワイン好きなYOSHIKIさんのプロデュースのワインだけあって、1日でボトルを空けてしまうような美味しいワインだそうです。

現在は終売となっていて、次回発売のワインもおそらくあっという間に売り切れてしまうと思います。

早めにチェックして、GETしたいところですね。

【ワイ・バイ・ヨシキ】新作の発売日と価格は?

金スマでYOSHIKIさんがワイナリーに3時間車を走らせて向かうのは、プロデュースしているワインのため。

次回の【ワイ・バイ・ヨシキ】(Y by Yoshiki)の詳細が発表されるのも間近と思われます。

価格は前回同様13000~15000円程度といったところでしょうか?

次回の発売日と価格!!

次回新作の「Y by Yoshiki(ワイ・バイ・ヨシキ)」は、2018年9月5日より発売されると発表されました!!

気になる価格は??

「Y by Yoshiki(ワイ・バイ・ヨシキ)」から、プレミアム新作ワイン「Y by Yoshiki Napa Valley Cabernet Sauvignon 2011」(9,800円[税別])

「Y by Yoshiki Napa Valley Chardonnay 2012」(14,800円[税別])

試飲発売会にYOSHIKIさんご本人がいらっしゃるとの話も出ています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回はYOSHIKIさんがプロデュースのワイン!【ワイ・バイ・ヨシキ】のご紹介をしました。

ワイン自体限定でなかなか手に入らないようですが、新作が出たらチェックしてみたいと思います!

スポンサーリンク