人間のカラダは水でできている?!よく聞く言葉ですね~。

人間は水の中で誕生した生命を受け継いでいる生物で、人間にとって水はとても大事なものであると言えます。
人間のカラダのほどんどは水でできているのをご存知ですか?

人間のカラダと水の関係

 

年齢や性別によっても異なりますが、成人の場合なんと「60パーセント」が水分であると言われています。

体重60キロの人だと36リットルが水分ということになりますね。すごい量ですよね。

水分は血液をはじめリンパや細胞の組織液、筋肉・皮膚・内臓などあらゆる場所に含まれていて、汗や尿、排便によって排泄されて、体内の水分量は一定に保たれています。

特に激しい運動をしなくても、汗や尿や呼吸によって人間は一日2.5リットルの水分を失うので、こまめに水を取ることはカラダにとってとても大切なことになります。

一日に必要な水分量とは?

食べ物や飲み物などカラダに入った水分は、汗や尿、排便等によって体外に出て行きます。
しかも、カラダから出ていく水分は、今飲んだ水ではなくカラダに溜まっていた古い水から体外に出ていくんです!

カラダの中に溜まっている水分を押し出すように、水はたくさん飲んだほうがいいという理由はこのためです。

ではどのくらいの水を摂取すればいいのでしょうか?

一般的な成人の場合、一日に必要な水は2リットルと言われています。

体重に対して4パーセントと考えても大丈夫です。

例えば体重50キロの人だと、50×4%=2リットル
70キロの方だと、2.8リットルとなりますね。

水分と言うけれど、この水というのに、ジュースやお茶、コーヒーなどは含めていいのか?と思いますよね。

こちらですが、純粋なお水をたくさん飲むことをお勧めします。水以外の水分は、体内に入ると分解するのに内臓に負担が掛かってしまうからです。

水道水には塩素が含まれているので、ミネラルウォーターが手頃な値段で買えるのでお好きな味のものをみつけて飲むのもいいですね。
最近はスーパーでボトルを買うと何度も無料で汲めるお水があるのでそちらも不純物がすくなく飲みやすいのでおすすめです。

白湯もおすすめですが、常温のお水も体温をあげようとして代謝が上がるので、あまり冷たすぎるお水を飲んでカラダを冷やさないようにしましょう。

水を飲むと基礎代謝が上がる理由。

ではなぜ水を飲むと基礎代謝が上がりダイエットに良いのでしょうか?
その理由は2つあります。

理由1:水を飲んだことによって体温をあげようとして基礎代謝が上がる。
理由2:エネルギー消費が活発になり脂肪が燃焼する。

そして嬉しいことに、体内の循環がアップして老廃物が排出されやすくなり腸内もきれいになるため便秘の解消や美肌にもつながるのです。
利尿作用がアップして老廃物も体外に出やすくなりますね。

モデルさんもお水をいつも少しずつ飲んでいるそうですよ。

まとめ

いかががでしたか?今回は水をこまめに飲むと基礎代謝が上がりダイエットになるということをご紹介しました。
水を飲み慣れない人には、最初はキツイかもしれませんが、是非挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク