女性であれば、細くてきれいなふくらはぎに憧れますよね?!

年齢を重ねるにしたがって、足首もくびれがなくなり、太く固くなってしまうふくらはぎが悩みという方も多いと思います!

心臓から一番遠い足先は、血流やリンパの流れや冷えなどさまざまな原因が絡み合って太くなりがりですよね!

あなたの太いふくらはぎの原因はどのタイプなのかもチェックしてみてくださいね!

今回は、太いふくらはぎになってしまう原因とふくらはぎを細くする方法とマッサージをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

太いふくらはぎの原因とは??

ふくらはぎが太くなってしまう原因はいくつか挙げられますが、生活習慣によるものが多いです。

では順番に見ていきましょう!

原因その1.筋肉

運動していた経験のある人や、前傾姿勢でふくらはぎの筋肉を使って蹴るようにして歩く人などは「筋肉」が原因で太くなってしまっています。

足の外側に体重を掛けて歩いたり立つ人は、そこに加重されることでも太くなってしまいますね。

また筋肉の中に溜まった老廃物が原因で太くなってしまうこともあります。

原因その2.冷えやむくみ

ふくらはぎには、血液やリンパ液などの水分を心臓に向かって戻す「ポンプ作用」があります。

運動不足などでふくらはぎの筋肉が足らなかったり、座りっぱなしのデスクワークの場合、血流やリンパの流れが悪いことによって、冷えて更にむくみが出てふくらはぎが太い原因になってしまいます。

スネの部分を指で押して凹む人はむくんでいると言えます。

また靴下を脱ぐとゴムの跡がくっきり・・・でむくみがわかりますね。

原因その3.脂肪

これはふくらはぎに限ったことではないのですが、食べ過ぎ等により脂肪が増えてしまっている場合は、ふくらはぎも脂肪によって太くなってしまいます。

ふくらはぎにもセルライトは実はできちゃうんですよね。

セルライトとは?

セルライトとはお尻や太ももなどに起こりやすく、肌がでこぼこしたオレンジの皮のようになる(オレンジピールスキン)現象。
その正体は脂肪と老廃物の塊です。

ふくらはぎを細くする方法

先ほど述べたようにふくらはぎが太くなる原因ごとにふくらはぎを細くなる方法をご紹介します。

方法その1.正しい立ち方・歩き方を心がける

「筋肉」が原因で太くなっている場合は、立ち方・歩き方を少し意識して改善してみましょう。

前傾姿勢でつま先に体重が掛かっている場合にはかかとから足をついて歩いてみましょう。

おへその下あたりに力が入るように意識して太ももから歩くようにするもの良いでしょう!

立つときも、頭、肩、骨盤、かかとが地面に対してまっすぐ立つように意識すると正しく筋肉が使われて足全体がほっそりしていく効果があります!

方法その2.ふくらはぎをマッサージしよう!

冷えやむくみが原因でふくらはぎが太くなってしまっている場合、または筋肉内に老廃物が溜まっている場合に効果的なのは、やはりマッサージ!

1日5分でいいので毎日続けて流れを良くして行きましょう。
※マッサージをする際は、オイルやクリームを使ってくださいね。

  1. 足裏でグー(またはゴルフボールやテニスボールを転がして)ほぐす
  2. 足の指の間をほぐす
  3. 足の甲からスネにかけてのL字の部分を上下にほぐす
  4. くるぶしのまわり(内側と外側)を10回ほどグーでくるくる回す
  5. ふくらはぎの筋肉をゆすりほぐす(ねじるのも効果的)
  6. 足首から膝に向けて手のひらをべったりつけて上にさする
  7. 最後に膝の後ろにあるリンパ節を刺激する

方法その3.食事を見直そう!

食べ過ぎにより脂肪が増えてふくらはぎが太くなってしまっている場合は、食事を見直し、脂肪の量を減らすことでふくらはぎを細くすることができます。

セルライトが多くなってしまっている場合は、食事を見直して、先ほどのマッサージをすることでふくらはぎが細くなるのはもちろん、足が軽くなり、だるさも減ってくるのが実感できるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

あなたのふくらはぎの太くなる原因がどれでしたか?

原因がどれかひとつということはあまりなくて、複合的に絡み合っていることが多いですよね。

生活習慣や食生活、マッサージと組み合わせてほっそりしたふくらはぎを目指したいですよね!

今回は、太いふくらはぎになってしまう原因とふくらはぎを細くする方法とマッサージをご紹介しました。

ふくらはぎが細くなると足全体がほっそりしていくので是非毎日続けてみてくださいね。

下半身のむくみが取れるだけで脚はほっそりしてくると思うので一緒に頑張りましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク